CoinPostで今最も読まれています

中国大手マイナー代表が語る「仮想通貨市場の見通し」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ViaBTC CEOの市場見解

中国の大手ビットコインマイニングプールViaBTCのCEOであり、暗号資産(仮想通貨)取引所CoinExの創設者でもある楊海坡氏は、直近の仮想通貨市場について、幅広く自身の見解を披露した。中国政府の方針でマーケットへの影響に不透明性が残る中で、貴重な見解となる。

ViaBTCはビットコインハッシュレートの11.42%を占めており、プールランキング4位に位置する大手マイニングプールだ。

今回、楊氏は中国の仮想通貨ブログ「鏈捕手」のインタビューで、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)および全体相場、DeFi(分散型金融)セクターなどのテーマでさまざまな意見を語っていた。本記事はその一部の内容を抜粋し、紹介する。

全体の相場感

楊氏は5月19日の大暴落後の仮想通貨市場の位置付けについて、「今はブル相場の前半にあり、ゆっくりと回復しつつある」として、「特に海外では、仮想通貨取引所の新規ユーザー数及び資金運用規模もそれほど減っていないので、『ブル相場がすでに終わった』などという見方は時期尚早だ」と話した。

また、イーロン・マスク氏のビットコイン・ドージコインに関するSNS上の発言について、「マスク氏は今回のブル相場における最も物議を醸している人物で、彼の起業家としての経歴から理想主義者であることは明らかだ」、「また、彼はバーチャル世界に関しては感覚が鋭い人で、仮想通貨市場にとって彼の世界的な影響力は普及に大きな役割を果たしている」と語り、「しかし、仮想通貨の価値は市場参加者のコンセンサスによって生じるもので、ミームコイン(DOGEやSHIBなど)への熱狂はマスク氏とは無関係だと思う。初期のビットコイナーが他の銘柄に対する『偏見』を持っているように、マスク氏に対しても偏見を持っているだろう」とした。

関連物議を醸す、イーロン・マスクの仮想通貨関連ツイートまとめ

イーサリアムに将来性を見る

イーサリアムのエコシステム拡大・ETH2.0への進捗や、年初来の上昇率から、イーサリアムのコミュニティや投資企業ではいずれビットコインの時価総額を超えるといった予測が見られている。

楊氏はBTC・ETHの競争についても見解を披露した。

長期的に見れば、ETHがBTCを超えるのは必然的と言えるだろう。

両者のコミュニティの位置づけや活発度などは全く違う。ビットコインの価値は、「信仰的」なものから生じており、現在はすでに一つの「宗教」になっている。実際の用途はあまりないが、投機観点では多くの利益を初期ユーザーにもたらしていた。

ドージコインも宗教になりつつあるが、ビットコインよりもコミュニティはアクティブだ。

一方、イーサリアムの価値は実用から生まれたもの。ビットコインも以前にはイーサリアムのようにスケーラビリティなどを実装する選択肢はあったが、そうはならなかった。仮に実装されていれば、すでに世界最大の決済手段になっていたかもしれない。

イーサリアムでは、L2やETH2.0など、さまざまなソリューションの導入がよりオープンになっている。多少躓いてはいるが、解決はできるはずだ。

BSCエコシステムについて

イーサリアムの送金速度やガス代問題で、ライバルになっているBSC(バイナンススマートチェーン)のエコシステムについて、楊氏はBSCがイーサリアムの競争力を弱体化するポテンシャルがあると指摘。

「BSCはすでに利用価値があり、アクティブユーザー数や出来高もビットコインを超えている。今後アップグレードされてより多くのユーザーが移っていけば、イーサリアムの市場シェアをある程度奪えるかもしれない」と見解を示した。

また、BSCで多発している資金流出の事件については、「資金が盗まれたわけでなく、ハッカーがコードの規則を合理的に利用していたまでだ。あるいは、そのハッカーがプロジェクト側の人間かもしれない」と指摘し、「現在BSCの最大の問題は、未熟な開発者にある。彼らはTVL(資産運用金額)を引き上げることしか考えておらず、セキュリティを疎かにしている」と述べた。

DeFi市場について

さらに、DeFi市場の進化について、楊氏は自身の見解を披露した。

DeFiセクターは昨年の夏から大幅にユーザーベースを拡大させ、UniswapやCompound、Curveなどの主要プロトコルにおける資産運用金額も大幅に増加しており、CEX(中央集権的取引)のライバルになりつつある。

そんな中で、DeFi上のデリバティブ取引は次のDeFi「フロンティア」と呼ばれているが、楊氏はこのようにDeFiデリバティブに懐疑的な姿勢を示す。

DEXの特徴とは、CEXに容易に上場できない(難易度の高い)銘柄でも無許可で上場できることで、いわゆる「ロングテール資産(上場機会の少ない資産)」の現物取引を行う場だ。

しかし、デリバティブ取引では、基本出来高の高いビットコインやイーサリアムなどの上位銘柄に需要は多くあるが、ロングテール資産のほうは現物の出来高が少なく、DEX上の取引速度も遅いため、DeFiデリバティブで取引されるメリットは少ないと思う。

また、DeFiは現在バブル景気になりつつある段階にあると指摘しながらも、その利用価値が高く、DEXそしてレンディング市場の利用率は高まっており、CEXのほうがすでに優勢を失っているとした。

一方、NFTブームについては、最大の問題はブロックチェーンを利用しなくてもいいことだと指摘し、NFT所有権を証明するのは最終的に中央集権的な組織にあると説明した。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
日本の伝統文化「熊手」とNFTを融合、XYZAが新プロジェクトを発足
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧