中国大手マイナー代表が語る「仮想通貨市場の見通し」

ViaBTC CEOの市場見解

中国の大手ビットコインマイニングプールViaBTCのCEOであり、暗号資産(仮想通貨)取引所CoinExの創設者でもある楊海坡氏は、直近の仮想通貨市場について、幅広く自身の見解を披露した。中国政府の方針でマーケットへの影響に不透明性が残る中で、貴重な見解となる。

ViaBTCはビットコインハッシュレートの11.42%を占めており、プールランキング4位に位置する大手マイニングプールだ。

今回、楊氏は中国の仮想通貨ブログ「鏈捕手」のインタビューで、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)および全体相場、DeFi(分散型金融)セクターなどのテーマでさまざまな意見を語っていた。本記事はその一部の内容を抜粋し、紹介する。

全体の相場感

楊氏は5月19日の大暴落後の仮想通貨市場の位置付けについて、「今はブル相場の前半にあり、ゆっくりと回復しつつある」として、「特に海外では、仮想通貨取引所の新規ユーザー数及び資金運用規模もそれほど減っていないので、『ブル相場がすでに終わった』などという見方は時期尚早だ」と話した。

また、イーロン・マスク氏のビットコイン・ドージコインに関するSNS上の発言について、「マスク氏は今回のブル相場における最も物議を醸している人物で、彼の起業家としての経歴から理想主義者であることは明らかだ」、「また、彼はバーチャル世界に関しては感覚が鋭い人で、仮想通貨市場にとって彼の世界的な影響力は普及に大きな役割を果たしている」と語り、「しかし、仮想通貨の価値は市場参加者のコンセンサスによって生じるもので、ミームコイン(DOGEやSHIBなど)への熱狂はマスク氏とは無関係だと思う。初期のビットコイナーが他の銘柄に対する『偏見』を持っているように、マスク氏に対しても偏見を持っているだろう」とした。

関連物議を醸す、イーロン・マスクの仮想通貨関連ツイートまとめ

イーサリアムに将来性を見る

イーサリアムのエコシステム拡大・ETH2.0への進捗や、年初来の上昇率から、イーサリアムのコミュニティや投資企業ではいずれビットコインの時価総額を超えるといった予測が見られている。

楊氏はBTC・ETHの競争についても見解を披露した。

長期的に見れば、ETHがBTCを超えるのは必然的と言えるだろう。

両者のコミュニティの位置づけや活発度などは全く違う。ビットコインの価値は、「信仰的」なものから生じており、現在はすでに一つの「宗教」になっている。実際の用途はあまりないが、投機観点では多くの利益を初期ユーザーにもたらしていた。

ドージコインも宗教になりつつあるが、ビットコインよりもコミュニティはアクティブだ。

一方、イーサリアムの価値は実用から生まれたもの。ビットコインも以前にはイーサリアムのようにスケーラビリティなどを実装する選択肢はあったが、そうはならなかった。仮に実装されていれば、すでに世界最大の決済手段になっていたかもしれない。

イーサリアムでは、L2やETH2.0など、さまざまなソリューションの導入がよりオープンになっている。多少躓いてはいるが、解決はできるはずだ。

BSCエコシステムについて

イーサリアムの送金速度やガス代問題で、ライバルになっているBSC(バイナンススマートチェーン)のエコシステムについて、楊氏はBSCがイーサリアムの競争力を弱体化するポテンシャルがあると指摘。

「BSCはすでに利用価値があり、アクティブユーザー数や出来高もビットコインを超えている。今後アップグレードされてより多くのユーザーが移っていけば、イーサリアムの市場シェアをある程度奪えるかもしれない」と見解を示した。

また、BSCで多発している資金流出の事件については、「資金が盗まれたわけでなく、ハッカーがコードの規則を合理的に利用していたまでだ。あるいは、そのハッカーがプロジェクト側の人間かもしれない」と指摘し、「現在BSCの最大の問題は、未熟な開発者にある。彼らはTVL(資産運用金額)を引き上げることしか考えておらず、セキュリティを疎かにしている」と述べた。

DeFi市場について

さらに、DeFi市場の進化について、楊氏は自身の見解を披露した。

DeFiセクターは昨年の夏から大幅にユーザーベースを拡大させ、UniswapやCompound、Curveなどの主要プロトコルにおける資産運用金額も大幅に増加しており、CEX(中央集権的取引)のライバルになりつつある。

そんな中で、DeFi上のデリバティブ取引は次のDeFi「フロンティア」と呼ばれているが、楊氏はこのようにDeFiデリバティブに懐疑的な姿勢を示す。

DEXの特徴とは、CEXに容易に上場できない(難易度の高い)銘柄でも無許可で上場できることで、いわゆる「ロングテール資産(上場機会の少ない資産)」の現物取引を行う場だ。

しかし、デリバティブ取引では、基本出来高の高いビットコインやイーサリアムなどの上位銘柄に需要は多くあるが、ロングテール資産のほうは現物の出来高が少なく、DEX上の取引速度も遅いため、DeFiデリバティブで取引されるメリットは少ないと思う。

また、DeFiは現在バブル景気になりつつある段階にあると指摘しながらも、その利用価値が高く、DEXそしてレンディング市場の利用率は高まっており、CEXのほうがすでに優勢を失っているとした。

一方、NFTブームについては、最大の問題はブロックチェーンを利用しなくてもいいことだと指摘し、NFT所有権を証明するのは最終的に中央集権的な組織にあると説明した。

著者:菊谷ルイス
参考:インタビュー本文

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します