リップル(XRP)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
12/13 (金)
米政府独立機関、公式文書でリップル社・仮想通貨XRPに初言及
アメリカ合衆国消費者金融保護局(CFPB)が13日に発表した公式文書で、初めて仮想通貨XRPの文字が記載されていることが分かった。リップル社が国際送金市場に与えた影響に言及した。
CoinPost
12/13 (金)
仮想通貨XRP利用のODLで75%の送金手数料削減に成功 SendFriendが報告
米送金企業SendFriendが、仮想通貨XRPを利用するODLを活用したことで、従来の送金手数料の75%を削減できたことを報告。6月から運用を開始した実データを報告した。
CoinPost
12/11 (水)
仮想通貨XRP、マレーシア有数の合法取引所に上場予定
マレーシア有数の合法的仮想通貨取引所Luno Malaysiaは、XRPの上場を予定する。Rippleの送金ソリューションに着目しているという。
CoinPost
12/10 (火)
オーダーブックで現物仮想通貨取引所の流動性を評価:BTC・ETH・XRP
The Blockは、水増しがしにくいオーダーブックを用いて、仮想通貨取引所の流動性を調査。BTC・ETH・XRPの流動性を取引所ごとに改めて計測した。
CoinPost
12/07 (土)
米コインベースのVisaカード、ステーブルコインに初の新規対応
コインベースのVisaデビットカードが、新たにDAIの対応を開始した。初のステーブルコイン対応になる。
CoinPost
12/06 (金)
仮想通貨XRPの活用でゲーム業界を変える Forte社の挑戦
仮想通貨XRPを活用し、ゲーム業界の発展を目論む動きが出てきた。Xpringから資金調達をしたForte社が、ゲーム業界に向けた新たな挑戦を行おうとしている。
CoinPost
12/06 (金)
仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る訴訟 Ripple社が新たな書類を提出
XRPの有価証券問題を巡る訴訟で、口頭弁論前の最終的な書類をリップル社側が提出した。本裁判でみられる現時点での争点とは。
CoinPost
12/06 (金)
仮想通貨XRP利用のODL「日本円対応は来年Q1を計画」=豪Flash FX責任者
仮想通貨XRPを利用するRippleの送金ソリューションODLが来年Q1(1〜3月)に、日本円ルートに拡大する可能性が浮上。オーストラリア決済企業Flash FXの責任者が明かした。
CoinPost
12/05 (木)
出来高1位の中国OKEx、仮想通貨XRPやLTC含む新規デリバティブ取引を提供開始
中華系大手仮想通貨取引所OKExは複数のデリバティブ取引を新規に取り扱う。アルトコインのUSDT建の先物取引を開始するほか、USDT建ての永久スワップ取引を正式ローンチする。
CoinPost
12/04 (水)
GMOコイン、仮想通貨NEM(ネム)とXLM(ステラ)を販売所形式で取り扱い開始
仮想通貨取引所GMOコインは4日、仮想通貨NEM(ネム)とXLM(ステラルーメン)を販売所形式で取り扱い開始した。BTC、ETH、BCH、LTC、XRPに続き全6銘柄となる。
CoinPost