リップル社の大学ブロックチェーン研究イニシアチブ、3校が新たに参加

UBRIに3つの大学が加入

米リップル社の大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)に、南アフリカ共和国のケープタウン大学、アラブ首長国連邦のニューヨーク大学アブダビ校、アイスランドのレイキャビク大学が新たに参加したことが分かった。

UBRIとは、リップル社と世界のトップ大学とのパートナーシップで、ブロックチェーン、暗号資産(仮想通貨)、デジタル決済における学術研究や技術開発、イノベーションを推進する組織だ。

2018年に立ち上げられており、リップル社は大学パートナーに財政面・技術面でリソースを提供、研究および技術プロジェクトで教職員・学生と協力している。

リップル社によると、35を超える大学パートナーが参加しており、3校もそこに加わることになる。日本からは東京大学や京都大学も参加中だ。

3大学で行われるプロジェクト内容

ケーブタウン大学

ケープタウン大学は、アフリカを拠点とする最初のパートナーとしてUBRIに加入、フィンテック分野で修士と博士のカリキュラムを提供することになる。「フィンテックと仮想通貨」コースの一環として、決済プロトコルやブロックチェーン技術を教育。このコースは、UBRI既存パートナーのオックスフォード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)と協力して開発されたものだという。

また、経済学部の学生は中央銀行のデジタル通貨(CBDC)について、相互運用性、金融包摂、安全なデジタルIDなどの問題を探索する。

フィンテックコースを担当するケープタウン大学のCo-Pierre Georg准教授は、送金セクターが大きいアフリカでは決済インフラの見直しや改善が重要課題で、リップル社からの助成金は「金融サービスセクターに革新をもたらす技能を育成する上で役立つ」とコメントした。

ニューヨーク大学アブダビ校

ニューヨーク大学アブダビ校は、アラブ首長国連邦における最初のUBRIパートナー校となる。

同校の社会科学分野の学生には「フィンテックイノベーション:金融、テクノロジー、規制」、「仮想通貨経済学」など、デジタル資産の新しい使用例を研究するコースが提供される。

ニューヨーク大学アブダビ校は「startAD」というベンチャー企業育成事業の拠点ともなっており、リップル社は「startADによって開発されたCorporate Sprint Accelerator プログラムに参加できることが楽しみだ」とも述べている。

このプログラムはstartADが主催し、スタートアップ企業にトレーニングとコネクションを提供するものだ。startAD事業は、アブダビ政府所有の会社Tamkeenが支援しており、2016年に地域の起業家教育とイノベーションのために開始された。学生やスタートアップ企業を、組織間協力や新製品開発などの面で支援している。

startADの運営ディレクターで、アブダビ校の起業カリキュラムも担当するRamesh Jagannathan氏は次のように語った。

ブロックチェーンは、今後数十年で経済発展を推進するデジタル化の土台となる。世界のブロックチェーン・分散型台帳の市場規模は、2020年から2027年にかけて62.7%増加すると予測されている。

当校とstartADは、政府のイニシアチブやリップル社のUBRIなどから刺激を受けて、新しいテクノロジーの研究と現実社会での応用を積極的に行いたい。

レイキャビク大学

さらに、アイスランドのレイキャビク大学では、UBRIとの提携と資金提供のもとで、ブロックチェーンを使用した新しい垂直市場(一般に、金融・保険など、ある業種に特化した市場のこと)とフィンテックアプリケーションに関する研究が進められる。

レイキャビク大学のGisli Hjalmtysson技術学部長は「リップル社の国際ネットワークとプラットフォームを使用することで、学術研究を業界や実際の環境と結び付けるという試みが強化される」とコメントした。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します