Bitcoin Cash [ビットコインキャッシュ] BCH

BCH/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

BCH 基礎情報

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、Bitcoinが抱えるスケーラビリティ問題を解決するため、ブロックサイズの拡大に同意したマイナーによって2017年8月1日に実施されたハードフォークを期に誕生した仮想通貨です。ビットコインのブロックチェーンよりも大きなブロックサイズが設定されており、トランザクション履歴を多く保管することができます。

BCH関連ニュース

04/09 (木)
仮想通貨ビットコインSVの半減期まで24時間 カウントダウン開始
仮想通貨 ビットコインSV(BSV)のブロック数が、半減期の実行ブロックまで残りブロック数144に到達。平均ブロック時間からの逆算で半減期までの到達時間が24時間を切った。
04/09 (木)
フィンテック企業のBux、欧州25カ国に仮想通貨取引の提供を開始 ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など6銘柄が対象
オランダのフィンテック企業BUX社が、欧州25カ国に仮想通貨取引の提供を開始。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など6銘柄に対応したサービスを展開する。
04/09 (木)
ビットコインキャッシュの半減期後になにが? 2時間のブロック遅延も価格が上昇したワケ
仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)は8日、実行ブロック630,000で初めての半減期を迎えたが、状況は穏やかではない。ビットコインキャッシュの半減期から一夜明けた9日、マイナー動向や価格推移の状況が見えてきた。
04/09 (木)
米Gemini、新たに3銘柄の新規上場を予告 可能性高い仮想通貨は?
ウィンクルボス兄弟が運営する米仮想通貨取引所Geminiは、10日に3つの仮想通貨の新規上場を発表する予定を新たに予告。米国でアルトシーズンの追い風になるか。
04/08 (水)
速報 仮想通貨ビットコインキャッシュ、初の半減期を完了
仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)は8日、20時20分に実行ブロック630,000を迎え、半減期が実行。ビットコインキャッシュが半減期を迎えるのは初めて。ブロック報酬は、12.5BCHから6.25BCHに減額された。
04/08 (水)
半減期控える仮想通貨が急騰 ビットコインキャッシュ・SVの高騰理由に2つのポイント
仮想通貨(暗号資産)市場で、半減期を控えるビットコインキャッシュ(BCH)とビットコインSV(BSV)が急騰。一時、前日比でBCHが9%高、BSVは15%高を記録した。
04/08 (水)
仮想通貨ビットコイン、ダウ・金の利益確定売りに連れ安 XRP(リップル)は20円を維持
仮想通貨市場は8日、米国株式やゴールド市場を意識する展開が続き、高騰したビットコインも、金融市場の戻り待ちや利益確定の売りに押された展開を受け、小反落した。イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)も重要水準を維持している。
04/08 (水)
一度も動かされていないビットコインキャッシュの数量は「600万BCH」 半減期後も重要ポイントに
仮想通貨データサイトCoinmetricsによると、流通するビットコインキャッシュの3分の1=約600万BCHは2017年8月のハードフォーク以来、動かされておらず眠ったままであることがわかった。
04/07 (火)
仮想通貨ビットコインキャッシュの半減期まで1日 24時間のカウントダウン開始
仮想通貨 ビットコインキャッシュ(BCH)の半減期まで24時間を切った。今後、ビットコインSV(BSV)、その後には最も注目が集まるビットコイン(BTC)の半減期も予定される。
04/07 (火)
中国マイニングプール、ビットコイン撤退でアルトコイン採掘へ
中国のマイニングプールBytepoolが、仮想通貨ビットコイン(BTC)のマイニング事業から撤退し、アルトコインマイニングへ転換する意向を示していることが分かった。
04/07 (火)
ビットコインキャッシュ採掘大手「従業員の5割解雇はFUD」
先日、一部の海外メディアがビットコインキャッシュのマイニング事業にも注力する「Bitcoin.com」が5割のスタッフを解雇したと報じた内容について、創業者のロジャーバーがFUDと事実関係を否定した。
04/04 (土)
マイニング機器の価格、仮想通貨市場暴落の影響で下落傾向に
3月の仮想通貨市場暴落の影響を受け、マイニング機器が値下がりしている。販売間もない機器でも、22%値下がりしている状況だ。
04/03 (金)
BitMEX、ビットコイン半減期後のハッシュレートなど「4つのシナリオ」を試算
最大手デリバティブ取引所BitMEXのリサーチ部は、約38日後に迫る仮想通貨ビットコイン(BTC)の半減期がもたらす、採掘業者の利益への影響とハッシュレートの関係性を試算。今後のシナリオについて4部構成で解説した。
04/03 (金)
コロナ危機も「仮想通貨投資に前向き:65%」 LINEの仮想通貨取引所がユーザー調査
LINEグループで仮想通貨事業を展開するLVC株式会社は、BITMAXで顧客を対象とした調査を実施。同取引所を利用するユーザーのうち62%が「仮想通貨取引の経験がない」との回答結果を含めた調査内容を公表した。
04/01 (水)
速報 コインチェック、板取引でアルトコインの取扱い開始 初回銘柄はFactom(FCT)
仮想通貨取引所コインチェックは1日、板取引を提供する「取引所」サービスで初めて、アルトコインの取り扱い開始を発表した。ビットコイン以外では初めての採用、初回銘柄はFactom(FCT)に。
04/01 (水)
ビットコインキャッシュ半減期まで1週間、これから仮想通貨市場で何が起きるのか
ビットコインキャッシュの半減期まで1週間。マイナーの撤退と売り圧力、ハッシュレートの転換など、これから仮想通貨市場で起こりうる事例について、Coin Metricsがレポートを公開。
04/01 (水)
ロシア議会、コロナ対策優先で仮想通貨関連法案の判断を再延期
ロシアにおける仮想通貨関連法案の判断日程が、新型コロナ対策に伴う立法手続きが遅延により延期された。「仮想通貨の定義」など、法案に関する一部内容が確認されている。
04/01 (水)
仮想通貨市場で半年ぶりのトレンド転換 ブルームバーグが指摘
ブルームバーグが日本時間31日、仮想通貨市場が好調な推移に変化すると指摘。ビットコインを含めた独自ベンチマークに対するテクニカル指標が、7月下旬以来の強い売りトレンドに終止符を打ったと報告した。
03/31 (火)
新型コロナがビットコインマイニングに与える影響
ナスダック上場の仮想通貨マイニング企業Riot Blockchainが新型コロナウイルスにより事業に影響が出ると報告。ビットコイン採掘事業が困難になることが危ぶまれている。
03/31 (火)
仮想通貨取引所マウントゴックス、民事再生案の提出期限が再延期=東京地裁
仮想通貨取引所マウントゴックス(MT.Gox)の民事再生手続きにおいて、再生計画の提出期限が7月1日まで延長された。3月31日までに延ばされた期限を、東京地裁が再度延期している。