Tether [テザー] USDT

USDT/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

USDT 基礎情報

Tether(テザー)は、米ドルを価値の裏付けとするステーブルコインとして最も普及している仮想通貨のひとつです。取引所、ウォレット、決済処理業者、金融サービス、ATMなど企業が、法定通貨に価値が紐付いている(=価値の安定した)トークンを簡単に使用できるようにします。ブロックチェーン技術を活用することで、Tetherは米ドルに価値の等しいトークンを国境を越えて瞬時に、かつ安全に保管・送受信することを可能にします。

USDT関連ニュース

09/26 (土)
仮想通貨取引所KuCoin、ハッキング被害か
グローバル仮想通貨取引所KuCoinは日本時間26日に起きた多額の出金疑惑について、公式声明を発表した。ウォレットスタートアップ「MyCrypto」の分析によると、ビットコインなどの仮想通貨で約1.5億ドル相当の資産が出金された可能性がある。
09/18 (金)
米大手コインベースアプリでDeFi銘柄YFIをサポート、テザーは時価総額150億ドルを突破
米大手仮想通貨取引所コインベースは、iOSとアンドロイドあぷりでのyearn.financeのガバナンストークンYFIのサポートを発表した。CEXへの上場に成功したUniswapのトッププロジェクトの平均収益は+208%に及ぶ。
09/18 (金)
NY裁判所、テザー社へ財務記録提出を命令
ニューヨーク裁判所判事は17日に再びテザー社およびBitfinexに財務記録を提出するよう判断した。仮想通貨USDTに関わる巨額の不正融資疑惑に関する新たな進展となる。
09/15 (火)
NY司法当局、テザー社の財務記録提出の遅れに焦燥感か
テザー社の財務記録提出を巡り、ニューヨーク司法当局およびテザー社側は各自の立場を説明する文書を裁判所に提出した。中心となる書類作成の範囲について両側は対立的だ。
09/15 (火)
米国初のセキュリティトークンによるIPO、最低調達額を突破
米国初のセキュリティトークンによるIPOを実施しているINX Limitedが、最小オファリング要件である約8億円を調達済。IPOが成立し、投資家は仮想通貨でのINXトークン購入が可能となった。
09/15 (火)
テザー社、約1000億円相当の仮想通貨USDTをチェーンスワップ予定
テザーが15日、10億のUSDTをトロンのブロックチェーンから、イーサリアムブロックチェーンにチェーンスワップする予定だ。主要取引所がユーザーの需要に応じて行うという。
09/10 (木)
DeFi関連で出口詐欺事例か 顧客の仮想通貨を持ち逃げした疑い
ブロックチェーンのセキュリティ企業2社が、EOSのネットワークに構築された分散型金融(DeFi)のプラットフォームについて注意喚起を行った。開発者が顧客の仮想通貨を持ち逃げした可能性がある。
09/10 (木)
バイナンス、トルコで仮想通貨取引所をローンチ ビットコインなど6銘柄を上場
大手仮想通貨取引所バイナンスが本格的にトルコ市場に参入することを発表。トルコリラで取引ができる「Binance TR」をローンチした。まずはビットコインなど6銘柄を取り扱う。
09/10 (木)
NY裁判所、司法当局とテザー社召集で協議会開催 財務記録提出巡り
ニューヨーク裁判所の判事は、ニューヨーク司法当局およびテザー社側の弁護士と会議することを決めた。8.5億ドルの不正融資疑惑に係る財務記録の提出が問題の中心となる。
09/10 (木)
テザー(USDT)が高速ブロックチェーン「Solana」で稼働開始
仮想通貨ステーブルコインのテザー(USDT)は高速ブロックチェーンのSolanaでローンチされた。
09/09 (水)
速報 NY司法当局、テザー社の財務記録提出を求める申請書を提出
テザー社の8.5億ドルの不正融資を巡る裁判で、ニューヨーク司法当局は財務記録を求めるべく再び裁判所に提出命令の申し出を行なった。この事案は一年以上長引いている。
09/09 (水)
1億円相当の仮想通貨をDeFiのコントラクトアドレスに誤送信──資産の行方と事業者の対応は
ユーザーの一人が約1億円分の仮想通貨をDeFiのSwerveFinanceのスマートコントラクトに直接送信し、その資金を失った事例が発生した。流動性プールのコントラクトへの直接送金をしないようコミュニティで注意喚起。
09/07 (月)
テザー(USDT)の時価総額、140億ドル突破 ランキング3位へ
仮想通貨ステーブルコインのテザー(USDT)が再び時価総額を更新し、140億ドル(約1.5兆円)を突破した。時価総額ランキングで3位に浮上し、2位イーサリアムをも時価総額で追い抜かす勢いがある。
09/05 (土)
仮想通貨テザー巡る集団訴訟、Bitfinex側が訴訟の却下求める
テザーとBitfinexの親会社であるiFinexは、仮想通貨テザーによる市場操作に関する訴訟を却下するよう新たに申し立てを行った。テザーへの需要は市場と共に拡大している。
09/05 (土)
DeFi取引に本腰、バイナンスが自動マーケットメーカー「BSwap」をローンチ
仮想通貨取引所バイナンスは「Binance Liquid Swap」という自動マーケットメーカー(AMM)をローンチした。流動性プールプロバイダーへのインセンティブ設計が設けられている。
09/04 (金)
テザーの信用リスクを予想して取引、仮想通貨USDTのCDS商品が誕生
市場最大規模のステーブルコイン、テザーの財務流動性のリスクをヘッジするために、デリバティブ取引所Opiumは、USDT専用のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)を導入した。
09/03 (木)
テザー社含む仮想通貨事業者、FATFの国際送金ルール対応で新業界団体に参加
Shyft NetworkはテザーやBitfinex、Huobi等業者と連携し、新たな「Veriscopeガバナンスタスクフォース」を立ち上げた。FATFの「トラベル・ルール」に対応することを目的とする。
09/02 (水)
テザー(USDT)、イーサリアム混雑問題の解消でZK-Rollupsを導入
最大規模のステーブルコインのテザー(USDT)がイーサリアムネットワークの混雑を解消するため、OMGネットワークの導入に続き、セカンドレイヤーソリューションのZK-Rollupsにも対応することがわかった。
08/29 (土)
300万テザー(USDT)がOMG Networkに移動
テザー社が300万USDT(3.1億円相当)イーサリアムネットワークから、OMGネットワークに移動させた。セカンドレイヤーのソリューションで手数料や送金時間を削減へ。
08/27 (木)
仮想通貨テザー(USDT)、平均送金額でビットコインを上回る
ステーブルコインの一つ、テザーは直近の平均送金額がビットコインの送金額を上回ったことが確認された。DeFi人気の高まりなどが背景にあり、CoinMetricsは「大きなマイルストーン」だとしている。