テザー(USDT)|投資情報・リアルタイム価格チャート

05/14 (金)
謎に包まれていた「仮想通貨USDTの裏付け資産」 内訳をテザー社が初公開
米ドルのステーブルコイン、仮想通貨USDTを発行するテザー社が、その裏付けとなる準備資産の内訳を初めて公開した。
04/23 (金)
米仮想通貨取引所コインベース、USDT(テザー)取扱開始
ナスダック上場の仮想通貨取引所コインベースはテザーの米ドルステーブルコイン(USDT)の取扱を発表。テザーの信頼性が高められる動きとなる。
04/20 (火)
テザー(USDT)、イーサリアムのレイヤー2ソリューションに対応──Hermez Network
ステーブルコインのテザー(USDT)が、仮想通貨イーサリアムのスケーラビリティを向上させるレイヤー2ソリューション「Hermez Network」に対応。正式に利用が可能になった。
04/16 (金)
トルコ中央銀行、4月末より仮想通貨決済を全面禁止へ=報道
トルコの中央銀行は4月30日より、仮想通貨による決済を全面禁止する方針だ。FXStreetなどの海外メディアが報道した。
04/07 (水)
テザー(USDT)、PolkadotとKusama上で発行計画
ステーブルコインUSDTを発行するテザー社はPolkadotとKusamaを新たに採用することを発表した。USDTトランザクションのスピード向上が目的だ。
03/31 (水)
仮想通貨USDTの裏付け資産、テザー社が報告書を公開
ステーブルコインUSDTなどを取り扱うテザー社が、仮想通貨を発行する際の裏付け資産に関する報告書を公開。具体的な金額が明らかになった。
03/12 (金)
高速ブロックチェーンSolana、テザー(USDT)に対応開始
ステーブルコインのUSDT(テザー)が高速レイヤー1ブロックチェーンのSolana(ソラナ)で正式に稼働し始めたことがわかった。手数料の高いイーサリアムネットワークのオルタナティブ手段となるか。
03/04 (木)
仮想通貨取引所Bitfinex、ビットコインのオンライン決済システム「Bitfinex Pay」を発表
仮想通貨取引所Bitfinexがビットコインなどでのオンライン決済を可能にするペイメントアプリ「Bitfinex Pay」を発表。ウェブ上での決済をBitfinexの口座に紐づけて行うことができる。
03/01 (月)
テザー社が声明、仮想通貨500BTCの支払い求める脅迫を受け
USDTを発行するテザー社が500BTCの仮想通貨を要求する恐喝を受けたことを公表。犯人らは「ビットコインのエコシステムに害を与える」書類を公開すると脅迫しているが、テザー社は身代金を払わない姿勢を表明している。
02/23 (火)
速報 テザー裁判、和解へ
係争中となっていた8.5億ドルの不正融資疑惑を巡る裁判について、テザー社、Bitfinexが米ニューヨーク司法当局(NYAG)との和解に至ったことがわかった。
02/06 (土)
仮想通貨取引所Bitfinex、テザー社に570億円のローンを返済
仮想通貨取引所Bitfinexは関連企業テザー社に残りの5.5億ドルのローンを返済したことを発表した。ローンに関してはニューヨーク司法当局が訴訟で焦点を当てていた。
01/28 (木)
富裕層の選択肢に仮想通貨投資を 香港の老舗資産管理企業がサービス立ち上げ
香港の老舗資産管理企業Henyepは富裕層クライアントにビットコインなどの仮想通貨投資サービスを提供開始した。OTCデスクや仮想通貨の預金商品などの専門サービスがある。
01/23 (土)
テザー社の担当銀行「ステーブルコインUSDTは完全に裏付けられている」
テザー社の資金を管理するバハマのDeltec銀行の役員はステーブルコインUSDT裏付け資産が完全であることを明かした。直近のMedium投稿記事についても説明を行った。
01/21 (木)
テザー社、USDTに関する財務記録提出で最新報告書を提出
テザー社が、仮想通貨USDTに関して求められている財務記録の提出について、裁判所に対して、最新の報告書を提出した。
01/15 (金)
テザー社利用の銀行、ビットコインで資産運用=報道
仮想通貨USDTを発行するテザー社が利用するDeltec銀行がビットコインに投資していることを明かした。2020年に約9,300ドルのタイミングで投資したという。
01/14 (木)
仮想通貨USDT(テザー)の財務記録提出期限迫る──1月15日
米時間1月15日は、テザー社が仮想通貨USDT融資に関する財務記録を提出する期限だ。具体的な書類内容が投資家にも注目される。
12/23 (水)
ハッキング被害の仮想通貨取引所EXMO、原因調査の現状を報告
英仮想通貨取引所EXMOが、ビットコインなど6銘柄が不正流出した問題について、調査の現状を報告。問題の原因や今後の対策を発表した。
12/21 (月)
英国の仮想通貨取引所でハッキング被害──ビットコインなど6銘柄が流出
英国の仮想通貨取引所Exmoで、仮想通貨(暗号資産)が流出するハッキング被害が確認された。ホットウォレットからビットコイン(BTC)、XRP(リップル)、ゼットキャッシュ(ZEC)、テザー(USDT)、イーサリアムクラシック(ETC)、イーサリアム(ETH)の一部が流出した。
12/15 (火)
フィンテック企業の「銀行化」を歓迎=米通貨監督庁主任
米通貨監督庁の主任エコノミストは、フィンテック企業が連邦政府の認可を受けた国法銀行となることで、金融サービスへのアクセス向上とコスト削減が進み、消費者、そして社会が大きな恩恵を受けることになるとして、免許申請を歓迎すると述べた。
12/15 (火)
アダルト動画配信大手Pornhub、決済手段が仮想通貨のみに──ビットコイン等14銘柄
世界最大規模のアダルトサイト「Pornhub」はプレミアム会員料の支払いの手段で仮想通貨の支払いのみになった。対応する銘柄は14銘柄だ。理由はVisaとMastercard社の撤退にある。