CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン(BTC)の「買い需要」急増理由、過去のチャイナショックに隠されたヒント

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市況
仮想通貨・ビットコイン(BTC)市場が大きく上昇した理由に上がる中国元安の資産逃避需要。過去の事例から再現性とその需要の理由を分析。

仮想通貨市況

6日の仮想通貨市場には、引き続き”追い風”が吹きそうだ。ビットコイン市場では一時127万円まで続伸し、前日比10%高に。今回の上昇相場は一部のアルトコインも連れ高する形で全面高をもたらした。

追記

ビットコインは15時50分時点で12000ドルを突破、日本円建てでも129万円に達した。

ビットコインとの相関係数が高まっている法定通貨の中国元は、対ドルで1ドル=7元を超える、11年ぶりの元安水準に達した

中国政府は人民元安水準を容認するとともに、国有企業に米国産の農産物輸入の停止を要請、トランプ大統領が「為替操作」として非難、米金融当局に対し中国への対抗措置として継続的な金融緩和を要求した。米財務省は中国を通貨を意図的に安く誘導する「為替操作国」に認定したことを受け、米中貿易摩擦が深刻化したことで大幅下落となった。

米国市場でも、ダウやS&P500などで2ヶ月前水準まで下落。NY為替市場でもドル円が一時106円を割り込むなどドル売りが急加速。米中貿易摩擦の深刻化や通貨戦争の警戒感が高まっている。米中貿易摩擦激化懸念の再燃を受け、米利下げ幅の見通しも広がった。

一方で買いが広がっているのが、資産の逃避先として挙げられる金(ゴールド)などの安全資産だ。実際に世界同時株安で、米国債や金への資金流入が観測されている。NY金先物12月限は、前日比19.00ドル高の1476.50ドルで取引を終えた。

ビットコイン、国家的有事リスクに対する買い

この流れを汲む資産として、金利のないビットコインが再び注目されつつある。

今月はじめのトランプ米大統領による重要発言「中国製品3000億ドル相当に関税を課す」から再加速した今回の流れにおいて、ビットコインは通貨安や株安の状況下で短期下落トレンドから脱却して上昇基調に転じた。

今回の流れを分析する仮想NISHI(@Nishi8maru)氏は、ビットコインに対する資産としての見方は、国家的有事か経済的有事かで異なると指摘。今回の事例のように国家的有事に伴う安全資産(リスクオフ資産)の需要では、ビットコインはリスクオフ資産として見られるとの見解を示した。

過去にもビットコインが国家的有事に伴う安全資産として買われた動きには、2013年のキプロス金融危機を含め5回ほど同様の動きがあったという。また、その過去事例の中には、16年の人民元不安といった事例が含まれている。

チャイナショックとビットコイン需要

2015年8月、人民元切り下げを発端に”チャイナショック”と呼ばれる世界同時株安が発生。為替・株式市場の国際的な混乱をもたらした。中国・上海総合市場では、8月24日に8.49パーセントの大幅下落を記録、翌25日にも7パーセントを越える下落幅を見せた。

中国政府は株価暴落を防ぐため、市場の約半数の銘柄に対し、初のサーキットブレイカー(取引停止)措置を講じたほか、空売り制限などをかけ違反者を逮捕すると強硬手段に出たが、売り損ねた投資家を中心に市場への動揺が広がった。

また、16年にはトランプ次期(16年時点)米大統領が中国からの輸入品に懲罰的関税をかけると宣言、台湾や南シナ海問題を巡って緊張が高まっていたことなどが中国元安に繋がった。

中国マネーが主戦場にあったビットコイン市場は、オフショア市場の人民元(CNH)が下落したことを受け、価格が高騰。

当時、中国人の外貨預金需要が増加、外貨預金率は32%にまで増加した。この資産動向もビットコインにも資産流入が相次いだことが指摘されている理由だ。まさに状況に類似点が見られている。

ビットコインは逃避資産として機能するか

そもそも、ビットコインは逃避資産として機能するのか?これ一定の指摘が行われているトピックでもある。

地政学的リスクに対する逃避資産としての見方は、2019年の米中貿易摩擦が表面化した当初より注目されていたトピックであるが、実際に逃避マネーの受け皿には、ボラティリティの高さや、出来高の乏しさから基準を満たないとの指摘が行われている。

しかし、2016年当時と同様に、資産の逃避を目論む主要需要元となるのが一般投資家であることを考えると、OTCなどを中心に資産が逃しやすい環境にある仮想通貨はその対象になりやすいと考えられる。

直近でテザーの発行数の増加などが相次いだが、裏付けのない発行という疑惑の他に、中国投資家からのテザー需要が増加していた可能性も考えられるだろう。

中国では一般的に仮想通貨の取引を禁じているが、OTCなどを利用した取引は通常運用されている。キャッシュレスが進む中国で多用されるウィーチャット決済などもその購入手段に入るなど、一般人にも購入しやすい資産として一部認知されている側面がある。

今回の注目のポイントは、国家的有事に伴うビットコインの需要が再び意識されたことだ。

2018年の下落相場を受け、冷え切った一般投資家の購入意欲の中で、新しい需要が認識される動きに繋がった。ETF、現物決済先物と需要が見えぬ機関投資家からの需要ではなく、国家規模の先行きの不透明さを背景とした、再び個人投資家からの需要が再注目されようとしている。

CoinPostの関連記事

ビットコイン投資に役立つ「移動平均線」解説|初歩から学ぶテクニカル分析
株式や仮想通貨ビットコインのテクニカル分析でよく使われる「移動平均線」を軸に、ゴールデンクロス、デッドクロス、パーフェクトオーダーといった相場のシグナルについて、投資初心者向けに図解する。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/19 日曜日
12:00
ビットトレードのビットコイン・ピザ・デー記念キャンペーン シバイヌなどが当たるチャンス
暗号資産(仮想通貨)取引所ビットトレードの特別企画。ビットコイン・ピザ・デーを記念して、シバイヌ(SHIB)やドージコイン(DOGE)も含む豪華景品が当たるラッキールーレットキャンペーンが開催される。2024年5月20日から24日までの期間限定。
11:30
オプション市場では6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中、翌週の展望は?|bitbankアナリスト寄稿
CPI発表後のテクニカル分析や6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中するオプション市場を踏まえ、bitbankのアナリスト長谷川氏がビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊ニュース|金持ち父さん著者キヨサキ氏のBTC投資推奨に高い関心
今週は、金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏による仮想通貨ビットコイン・金・銀投資の推奨、ジャック・ドーシー氏のビットコインについての発言、GameStop株やミームコインの暴騰に関するニュースが最も関心を集めた。
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア