金融庁がキャッシュレス事業者へ集中検査を予定|相次ぐトラブルやFATF対日審査を意識か

キャッシュレス事業者に対する監督体制強化へ
金融庁がキャッシュレス事業者数十社に対してセキュリティやマネロン対策を重点的に検査予定であることが判明。以前よりも多角的な検査から、相次いだトラブルやFATF対日審査を意識していることが伺える。

キャッシュレス事業者に対する監督体制強化へ

金融庁はキャッシュレス送金・決済を行う資金移動業者に対して、立ち入りを含めた集中検査を始める。キャッシュレス事業者に対する監督が本格化する見通しだ。

実施時期については、2019事務年度(19年7月から20年6月)を予定している。日経新聞が報道した。

検査内容は、システムの安全性や利用者保護、マネーロンダリング対策などの内部管理体制を重点的に点検するものであるといい、不備があった事業者に対しては行政処分が行われる可能性がある。

これまでも事業者に対して検査は行われていたものの、顧客資金を保全するために十分な供託金を有しているかなどが中心にみられ、セキュリティ項目などを含めた網羅的なものではなく部分的な検査に留まっていた。

検査対象の事業者数は数十社を予定しているという。現在金融庁に登録されている、資金決済法に基づく資金移動業者や前払い式支払い手段(プリペイドカード)の発行業者は、LINEやメルカリの金融子会社など計64社に及ぶ。

これまでとは異なる多角的な調査から、急速に普及するキャッシュレスサービスへの監督に金融庁が本腰を入れて動き始めた様子がうかがえるだろう。

相次いだキャッシュレス関連トラブルが背景

今回行われる検査は、キャッシュレスサービスにおいて複数のトラブルが生じたことを受けたものであるという。

昨年12月には、ヤフーとソフトバンクが出資する「ペイペイ」で、クレジットカードの不正利用が相次いだ。

支払い元となるクレジットカードの情報登録の簡易さや、本人確認の緩さが原因であったとみられている。

また今年には、セブンイレブンのスマートフォン決済「7pay」が、7月1日の開始直後に、約800人の利用者が不正アクセス被害を受けた。セブンHDは被害額を計約3860万円と報告している。

その事案を受けて、登録者150万人の同サービスは9月末で提供が終了することとなった。

FATFの日本審査も意識か

各国の資金洗浄(マネーロンダリング)対策などを審査する「金融活動作業部会(FATF)」の日本審査の日程が、今月6日に正式に発表された。

10月28日から11月15日の3週間にわたり行われる予定であり、銀行を含む国内金融機関に加えて、仮想通貨交換業者や資金移動業者も調査対象となる。

2008年に行われた前回のFATF第3次対日審査では、銀行を含む金融機関全体のAML/CFTで、49項目中25項目で要改善(不備10項目、一部履行15項目)という評価を受けるなど、他の国と比較しても厳しい結果(27ヵ国中18位)に終わっている。

日本の金融業界が、2008年同様に再び低評価を受けると、邦銀などの国際取引にも影響を及ぼすリスクがあるとされることから、今回の調査は非常に重要となる。なお審査結果については、20年6月の総会を経て20年夏に発表される。

キャッシュレス事業者に対する監督体制の強化は、FATFの調査を意識してのものであることも考えられるだろう。

CoinPostの関連記事

FATF、対日審査スケジュールが10月28日~11月15日正式決定|仮想通貨市場にも大きな影響
金融活動作業部会(FATF)の日本審査の日程が、10月28日~11月15日の3週間にわたり行われることが正式に決定した。マネロン規制対象には仮想通貨交換業者も含まれ、日本の審査結果は20年夏に公表される。
東京2020に向けて加速するキャッシュレス政策|先進国の取り組みと仮想通貨事情を比較
○○ペイの急台頭など、東京2020に向けて国策とも言えるキャッシュレス化を推し進める日本だが、海外のキャッシュレス先進国からは大きく遅れを取っているという声は大きい。それぞれの国のキャッシュレス化と、仮想通貨事情を探った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら