CoinPostで今最も読まれています

北朝鮮が資金調達目的でビットコイン取引所をハッキング攻撃

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

軍資金調達の企てとして、金正恩率いる北朝鮮ハッカーはビットコイン取引所を新たにターゲットとしている
近年のトランプ政権による北朝鮮への経済的制裁や、ビットコイン需要増大を踏まえると、北朝鮮の仮想通貨ハック攻撃はこれからも増していくでしょう。

継続的なビットコイン値上昇は数々のプラス効果を生みました。

仮想通貨市場の盛り上がりによってたくさんの人が利益を得て、同時にたくさんの新たな投資家が仮想通貨界に参加しました。

しかし、ビットコインの高騰には、悪人が違法的な手段を使ってビットコイン入手を企てるなどのマイナス面も存在します。

この場合の悪人の一人は北朝鮮の金正恩であり、セキュリティ専門家によると仮想通貨需要増加に応じて新たにビットコイン取引所をハッキングの標的としているそうです。

ビットコインをターゲットに

これまで北朝鮮のサイバー攻撃は従来の国家活動を標的としていました。

しかし2016年、サイバーセキュリティ企業 FireEye社が北朝鮮は銀行や世界金融システムに標的を変えていると指摘しました。

2017年複数の韓国仮想通貨取引所に対してハッキング攻撃を行った後、標的はヨーロッパや韓国の銀行グループ、ビットコイン取引所、ATM企業などへと広がりました。

独立セキュリティ専門家のアシュリー・シェン氏は

『ビットコインがハッキングの対象になっている原因の一つは価格が上昇しているため、ハッカーにとっては美味しいターゲットだからです。また恐らく仮想通貨は不換紙幣より手に入れやすいため、ターゲットにされています』

と述べます。

セキュリティ専門家は、Andariel、Lazarus、Bluenoroffなど北朝鮮だと思われるハッキング集団を追跡しています。

シェン氏は

『我々が国家レベルハッカーの追跡する前は、ハッカーは機密データや情報を狙ってハック攻撃を仕掛けていました。しかし近日我々は、一部のAPTグループは銀行やビットコイン取引所などの金融機関のハックを企て、金銭的利益を得ようとしていることを判明しました』

と言います。

APT攻撃(Advanced Persistent Threat)とはサイバー攻撃の一種で、特定のターゲットに対して持続的に攻撃・潜伏を行い、様々な手法を駆使して執拗なスパイ行為や妨害行為などを行うタイプの攻撃です。

北朝鮮は資金が必要

北朝鮮は常になにかを企んでいますが、これらの継続的なビットコイン取引所への攻撃は資金調達の必死さが垣間見えます。

北朝鮮は様々な制裁を受けて世界から孤立していましたが、これらの制裁は近年のトランプ政権によって強化されています

先月後半、米国政府は北朝鮮と取引をしているとし13社、20船などを規制ターゲットとしました。

米国財務長官スティーブン・マヌーチン氏は

『北朝鮮が国家平和やセキュリティを脅かす中、我々は北朝鮮を貿易と資金源から隔離させ、経済的圧力を最大限にする決意を強く固めています。』

と述べました。

既に不安定な北朝鮮経済は、経済的制裁によってさらに貧弱になります。

それに増して仮想通貨価値増大をきっかけに、ビットコイン取引所にハッキングを試みる動機が理解できます。

アシュリー・シェン氏はこのような攻撃はすぐにはなくならないと言います。

『私の個人的な意見は、ビットコイン値が上昇し続ければそれは良い投資なので、彼らは継続的に攻撃をすると思います。よって、彼らはこれからさらに多くのビットコインを獲得するための攻撃をし、もちろん以前と同じく銀行も攻撃し続けるでしょう』

NORTH KOREA TRYING TO HACK BITCOIN EXCHANGES

bitcoinist.com by JINIA SHAWDAGOR DECEMBER 10, 2017

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

北朝鮮は仮想通貨のマイニングを開始するなど、国の制裁に捉われない資金の入手方法に乗り出しています。

現在世界から孤立をしながら、アメリカへの牽制を行う北朝鮮にとって資金の確保は必須であり、今後仮想通貨への北朝鮮の関心は高まっていくことは間違い無いでしょう。

入手した仮想通貨の売却も、これだけ需要が高まった仮想通貨なだけに裏のルートでの売却も簡単に行える可能性は大きく、匿名性やボーダーレス取引を売りとする通貨の特徴も、不幸なことに北朝鮮にとっては利点となってしまっているのが現状です。

今までのダークサイトではなくこのような国際問題に仮想通貨が絡むことは、北朝鮮が実際に戦争を起こした際など問題視される可能性が高く、大きな懸念点といえるでしょう。

仮想通貨ビットコイン最新ニュースまとめ:価格に関する情報を随時更新
仮想通貨ビットコイン(BTC)のニュースをまとめた特集記事です。価格の下落や高騰についても触れていきます。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 木曜日
09:45
c0ban開発の交換業者「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分
関東財務局は、仮想通貨交換業を営むエクシア・デジタル・アセット(旧LastRoots)に対し、行政処分を行なった。交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備が行われていないとし、処分の内容や理由を説明している。
08:15
通信アプリ「テレグラム」 独自のDEXを開発する計画
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧