CoinPostで今最も読まれています

北朝鮮が資金調達目的でビットコイン取引所をハッキング攻撃

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

軍資金調達の企てとして、金正恩率いる北朝鮮ハッカーはビットコイン取引所を新たにターゲットとしている
近年のトランプ政権による北朝鮮への経済的制裁や、ビットコイン需要増大を踏まえると、北朝鮮の仮想通貨ハック攻撃はこれからも増していくでしょう。

継続的なビットコイン値上昇は数々のプラス効果を生みました。

仮想通貨市場の盛り上がりによってたくさんの人が利益を得て、同時にたくさんの新たな投資家が仮想通貨界に参加しました。

しかし、ビットコインの高騰には、悪人が違法的な手段を使ってビットコイン入手を企てるなどのマイナス面も存在します。

この場合の悪人の一人は北朝鮮の金正恩であり、セキュリティ専門家によると仮想通貨需要増加に応じて新たにビットコイン取引所をハッキングの標的としているそうです。

ビットコインをターゲットに

これまで北朝鮮のサイバー攻撃は従来の国家活動を標的としていました。

しかし2016年、サイバーセキュリティ企業 FireEye社が北朝鮮は銀行や世界金融システムに標的を変えていると指摘しました。

2017年複数の韓国仮想通貨取引所に対してハッキング攻撃を行った後、標的はヨーロッパや韓国の銀行グループ、ビットコイン取引所、ATM企業などへと広がりました。

独立セキュリティ専門家のアシュリー・シェン氏は

『ビットコインがハッキングの対象になっている原因の一つは価格が上昇しているため、ハッカーにとっては美味しいターゲットだからです。また恐らく仮想通貨は不換紙幣より手に入れやすいため、ターゲットにされています』

と述べます。

セキュリティ専門家は、Andariel、Lazarus、Bluenoroffなど北朝鮮だと思われるハッキング集団を追跡しています。

シェン氏は

『我々が国家レベルハッカーの追跡する前は、ハッカーは機密データや情報を狙ってハック攻撃を仕掛けていました。しかし近日我々は、一部のAPTグループは銀行やビットコイン取引所などの金融機関のハックを企て、金銭的利益を得ようとしていることを判明しました』

と言います。

APT攻撃(Advanced Persistent Threat)とはサイバー攻撃の一種で、特定のターゲットに対して持続的に攻撃・潜伏を行い、様々な手法を駆使して執拗なスパイ行為や妨害行為などを行うタイプの攻撃です。

北朝鮮は資金が必要

北朝鮮は常になにかを企んでいますが、これらの継続的なビットコイン取引所への攻撃は資金調達の必死さが垣間見えます。

北朝鮮は様々な制裁を受けて世界から孤立していましたが、これらの制裁は近年のトランプ政権によって強化されています

先月後半、米国政府は北朝鮮と取引をしているとし13社、20船などを規制ターゲットとしました。

米国財務長官スティーブン・マヌーチン氏は

『北朝鮮が国家平和やセキュリティを脅かす中、我々は北朝鮮を貿易と資金源から隔離させ、経済的圧力を最大限にする決意を強く固めています。』

と述べました。

既に不安定な北朝鮮経済は、経済的制裁によってさらに貧弱になります。

それに増して仮想通貨価値増大をきっかけに、ビットコイン取引所にハッキングを試みる動機が理解できます。

アシュリー・シェン氏はこのような攻撃はすぐにはなくならないと言います。

『私の個人的な意見は、ビットコイン値が上昇し続ければそれは良い投資なので、彼らは継続的に攻撃をすると思います。よって、彼らはこれからさらに多くのビットコインを獲得するための攻撃をし、もちろん以前と同じく銀行も攻撃し続けるでしょう』

NORTH KOREA TRYING TO HACK BITCOIN EXCHANGES

bitcoinist.com by JINIA SHAWDAGOR DECEMBER 10, 2017

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

北朝鮮は仮想通貨のマイニングを開始するなど、国の制裁に捉われない資金の入手方法に乗り出しています。

現在世界から孤立をしながら、アメリカへの牽制を行う北朝鮮にとって資金の確保は必須であり、今後仮想通貨への北朝鮮の関心は高まっていくことは間違い無いでしょう。

入手した仮想通貨の売却も、これだけ需要が高まった仮想通貨なだけに裏のルートでの売却も簡単に行える可能性は大きく、匿名性やボーダーレス取引を売りとする通貨の特徴も、不幸なことに北朝鮮にとっては利点となってしまっているのが現状です。

今までのダークサイトではなくこのような国際問題に仮想通貨が絡むことは、北朝鮮が実際に戦争を起こした際など問題視される可能性が高く、大きな懸念点といえるでしょう。

仮想通貨ビットコイン最新ニュースまとめ:価格に関する情報を随時更新
仮想通貨ビットコイン(BTC)のニュースをまとめた特集記事です。価格の下落や高騰についても触れていきます。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア