米国債券に逆イールドが再出現、仮想通貨市場への影響は「中長期で見よ」=Credits Blockchain創設者 

逆イールド曲線が仮想通貨に与える影響を考察
景気後退の前兆となる指標と見られる逆イールド曲線が再び米国債で見られた。仮想通貨市場にどのような影響をもたらす可能性があるか、有識者が語った。

逆イールド曲線の影響

今週水曜日、30年物の米国債利回りが2%を下回り、また10年物の米国債利回りも2年物の利回りを再び下回った。

通常、長期金利は短期金利を上回る。投資家は長期的に資金を動かせなくなるリスクの見返りに短期債券よりも高い利息を長期債券に期待する。このことは、銀行の定期預金の利息が普通預金よりも高いことからもイメージしやすいだろう。

逆イールド曲線とは?

長短の金利が逆転するこの現象は「逆イールド曲線」と呼ばれており、とりわけ米国債の場合には景気後退を予測する指標ともいわれている。1955年から、米国の景気が後退する数か月~数年前に、長期に渡る「逆イールド曲線」が観測されてきたためだ。

サンフランシスコ連邦準備銀行の研究者も昨年発表した論考の中で、「未来の経済成長を予測するのは困難だが、逆イールド曲線は景気後退を予測するのに非常に有用である」と述べ、ほとんどの局面で出現後に景気後退が起こることが多い指標であると論じていた。

今回の「逆イールド曲線」の出現については、米中の貿易戦争の影響や、欧州経済指標が期待を下回ったこと、今週発表された中国とドイツの経済指標の不調など、世界的に経済成長の速度が遅くなっている可能性を人々が懸念していることが、背景にあると考えられている。

逆イールド曲線と仮想通貨市場の関係

「逆イールド曲線」は仮想通貨市場とどのような相関関係にあると考えられるだろうか。株式市場に懸念がある状況下では、仮想通貨をより安全資産とみなした投資家による資金流入によって、その価格が上昇することも考えられるが、現在そのようなことは起きていないようにみえる。

6月や8月のビットコイン上昇相場では、安全資産との相関指数が高まったことで、有事の際の資金逃避先としての注目を集めたが、直近の値動きでは米ドルなどの下落にあわせる形で下落し、安全資産としての見方には陰りが見え始めている。

Credits Blockchainの創設者イーゴリ・チュディノフ氏は、その中でも、仮想通貨を逃避先としていた中国の投資家が、米中貿易戦争の緊張が緩んできたことから、仮想通貨から引き上げ始めている可能性はあると明かした。

Compliance Advisory Servicesのデビッド・マーチンは「今回株式市場と同時に仮想通貨も下落したことから、ビットコインがより安全であるという証拠は見られなかったが、逆イールド曲線がどのように仮想通貨市場に影響を与えるか分かるのはまだこれからの話だ」と説明した。外部市場からの資金流入はより中長期の目線で見る必要があるとした。

「逆イールド曲線が出現したことは、この先も景気後退への懸念から、ビットコインなどの分散化し独立した資産へと、投資を向ける可能性を示すものである」と述べ、「過去を振り返っても、ビットコイン市場は、長期的な上昇相場の中で、いくつかの顕著な後退局面を経験してきた」と、今回の価格下落についての見方を示している。

「逆イールド曲線」は信頼性の高い指標とされているが、今期のそれに本当に景気後退が続くかは分からない。それは今後のトランプ大統領や連邦準備制度理事会(FRB)の政策にかかっているとする見方もある。

CoinPostの関連記事

米グレースケール分析「米中貿易戦争の逃避資産としてビットコインが優れる3つの理由」
米大手仮想通貨ファンド「グレースケール」は、ビットコイン(BTC)の米中貿易戦争の逃避資産に関する事例研究報告書を公開した。専門家の中には、逃避資産との投資判断は早計との見解もある。
今後の仮想通貨・ビットコイン市場に影響する5つの要因|投資ファンドが事業説明会で解説
仮想通貨投資ファンド大手グレイスケール社の最高経営責任者が、仮想通貨投資を取り巻く環境と今後のビットコイン市場に影響を与える5つの要因を解説。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら