テザー裁判で大きな動き、ビットコイン(BTC)はラインブレイクから続伸へ|仮想通貨市況

テザー裁判で大きな動き、ビットコイン(BTC)はラインブレイクから続伸へ
仮想通貨取引所Bitfinexらと米ニューヨーク司法当局をめぐる「テザー裁判」で大きな動きが確認された。混迷を深める香港情勢などで世界の経済界も注視する中、ビットコインは堅調に推移している。

ビットコイン(BTC)市況

仮想通貨取引所Bitfinex・テザーの親企業iFinex社と米ニューヨーク司法当局NYAGの「テザー裁判」を巡り、裁判所はNYAGの管轄権を認めた。この判断をうけ、資金の不正利用などの疑惑に関する書類開示が必要となる。今回のテザー裁判が、相場操縦疑惑も取り沙汰されることもある仮想通貨テザー(USDT)発行について今後どのような影響を及ぼすかは不透明であり、今後の動向を注視する必要がある。

米中貿易摩擦や収拾のつかない大規模デモに発展している香港情勢も高度な情報戦に発展しており、世界経済の情勢も予断を許さない状況にあるが、これらのリスクオフで香港投資家などのチャイナマネーは仮想通貨市場に一定程度流れてきているとされ、ビットコイン(BTC)には追い風か。

なお、9月3日〜6日にかけて、金融庁・日経新聞主催「フィンサム 2019」が9月3日から開催される。キャッシュレス及び暗号資産(仮想通貨)がもたらす新たな社会の姿や課題解決がテーマにされるほか、フィンテックの活用をテーマに黒田日銀総裁や麻生金融相も登壇することで注目を浴びている。

ビットコイン(BTC)テクニカル分析

昨日昼過ぎのラインブレイクで上放れしたビットコイン(BTC)は、その後の揉み合いで4h75EMAに支えられるようにして推移。そのまま押し目を作ることなく、本日7時頃から続伸した。

114.5万円付近にあった4h雲上を突破し、116万円台まで値を伸ばしている。

ビットコイン(BTC)価格の反転上昇に伴い、4hRSIもV字回復している。強気シグナルである一方で、70%台に達した場合は7月上旬の戻り高値140万を付けた時と同水準の過熱感にある点には注意が必要だ。上方には11,000ドル(117.2万円)の心理的節目に加え、上値抵抗帯が118〜120万円に控えている。

短期的にはダウントレンドからアップトレンドに再転換していると言えるが、直近の状況はめまぐるしく移り変わっており、豹変しやすい仮想通貨相場を考えるとやや信頼度に欠ける。日柄調整なしにさらに急騰した場合、スパイクトップ気味に反落した際の上髭が絶好の「売りシグナル」と認識され、潮目が変わってしまうおそれもある。

この先の展望など中期目線については、CoinPost所属の実力派トレーダーの「やがみ(@Light_Yagami_a)」が、以下の記事で詳しく解説している。

ビットコイン(BTC)中期目線のセットアップと今後の展望|仮想通貨市況(寄稿:やがみ)
今回は、乱高下している仮想通貨ビットコイン(BTC)価格の中期目線のセットアップに加え、ロング・ショートポジションにおける優劣シナリオなど今後の展望についても、テクニカル分析から考察。

CoinPostの関連記事

『移動平均線』ビットコイン(BTCFX)投資に役立つ、初心者向け仮想通貨チャート講座
仮想通貨ビットコイン(BTC)チャートなどで使える移動平均線を軸に、ゴールデンクロスとデッドクロス、パーフェクトオーダーといった相場のシグナルについて徹底解説。投資初心者にもわかりやすいよう図解付き。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/18更新】
【9/18更新】仮想通貨トレードの投資判断に役立つ、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)などの重要ファンダ情報を一覧表にまとめ、随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら