Bitfinex、テザー裁判巡りNY最高裁の判断撤回求める

テザー裁判で、Bitfinex社が撤回を求める
Bitfinexらとニューヨーク司法当局NYAGの裁判を巡り、裁判所はNYAGの管轄権を認めたことを受け、Bitfinex側が撤回を求める書類を提出したことがわかった。

テザー裁判で、Bitfinex社が判断撤回求める

米ニューヨーク最高裁(=第一審裁判所)が発表した「NYAGの管轄権を認める」とする判断(判決ではない)について、テザー社とBitfinexの親企業iFinexが撤回を求めた(上訴した)。

最高裁に提出した書類では、iFinexは以下のように主張している。

Bitfinexのニューヨーク州におけるサービスはすでに廃止されているため、この裁判は『人的裁判の管轄権』を持たないはずだ。

ニューヨーク州の証券不正取締法「マーチン法」が取り締まる「証券・商品」にテザーUSDTが該当しないため、この裁判は『事物の管轄権』も持っていない。

よって、iFinex社らは裁判所が下した判断の取り消しを求める。

この判断撤回を求めた内容は、iFinex社が7月に提出したNYAGの管轄権を否定する文書で述べた理由に類似している。

関連BitfinexがNYAGの主張を否定

本日、NY最高裁が、NYAGの管轄権を認め、調査継続を許可。最高裁の判断を受けたBitfinex社とテザー社はNYAGの調査に応じて、財務書類を開示することが必要な状況にあった。テザー裁判は、USDTを利用した不正操作なども市場の注目点に上がっており、情報開示によって不正が暴かれる懸念を、市場は警戒していた。

この新たな判断撤回を求める内容で、裁判官の判断が覆るか、今後の展開は重要なターニングポイントとなりそうだ。

関連テザー裁判、仮想通貨取引所Bitfinexに不利な判断


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら