デジタル通貨は中国政府の優先事項ではない?=バイナンス研究所

デジタル通貨は中国政府の優先事項ではない?
仮想通貨取引所バイナンスの研究所の報告書によると、デジタル通貨は中国の優先事項ではない可能性がある。プロジェクトの既出情報には明確な技術ロードマップが欠如。

デジタル通貨は中国政府の優先事項ではない?

仮想通貨取引所バイナンスの研究所の報告書によると、デジタル通貨は中国政府の優先事項ではない可能性がある。

研究員は、いわゆる人民元のデジタル通貨プロジェクトには明確な技術ロードマップのようなものが欠如していると指摘。なお研究員の一人は仮想通貨メディアDecryptに、「既出の情報から、11月にローンチすることは困難ではないか」と話した。

先日フォーブス誌はそのローンチが11月11日に設定されていると報じたが、中国メディア「テンセントニュース」の取材に応じた中央銀行の情報筋によると、「発行予定時間と導入企業に関する情報は事実でなく、フォーブス誌の単なる憶測に過ぎない」。

関連中央銀行の情報筋がフォーブス誌の報道を否定

一方、バイナンスの報告書によると、発行準備が整った人民元の「デジタル通貨」はIMFが発案した「マネーフローモデル」に一部準拠しており、中央銀行はグローバルにおける利用を目指している。

8月中旬、中国の中央銀行の高官は金融会議にて、「人民銀行のデジタル通貨は現在、発行・導入準備完了と言える。」と明かした。

なお同高官によると、このデジタル通貨はブロックチェーン以外の技術を利用する可能性があり、いわゆる仮想通貨ではない可能性が浮上した。バイナンスの報告書でも、デジタル通貨の発行・流通システムにあるセカンドレイヤー=商業銀行がブロックチェーンを利用し発行するか否かは現時点では明確ではないと説明している。

とはいえ、中国政府の計画は通常、実行するまで詳細を明かさない傾向があるため、デジタル通貨が国策として優先順位が低いかどうかは発行されない限り判明できないかもしれない。

参考資料:BinanceResearch

CoinPostの注目記事

為替レートはなぜ「世界経済」に影響を与えるのか|仮想通貨市場にも波及
為替レートはなぜ、国内・国際経済に影響を与えるのだろうか。直近で仮想通貨市場にも波及する中、過去に通貨の変動が経済に大きな影響を与えた「金融危機」などの出来事をまとめた。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/20更新】
23日には、Bakktがビットコイン先物取引をローンチする。そして24日、SECの長官らは米下院の公聴会に出席し、リブラを含む仮想通貨の規制、ビットコインETFなどの課題について証言する予定だ。仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら