5つの重点分野にブロックチェーン、デジタルガレージと大和証券グループが投資ファンド組成

デジタルガレージと大和証券が合弁会社設立
デジタルガレージと大和証券グループは、合弁会社DG Daiwa Ventures(DGダイワベンチャーズ)を設立し、ブロックチェーンなど5分野を投資対象領域としていくことを発表した。

ブロックチェーンなど5分野、デジタルガレージと大和証券が合弁会社設立

デジタルガレージと大和証券グループは30日、合弁会社DG Daiwa Ventures(DGダイワベンチャーズ)を設立し、ブロックチェーンなど5分野で投資事業を行っていくことを発表した。

次世代技術を有するグローバルのスタートアップ企業に向けた投資ファンド「DG Lab Fund II E.L.P. Cayman」(通称:DG Lab2号ファンド)を組成。DG Labが研究開発を推進する「ブロックチェーン」、「AI」、「VR/AR」、「セキュリティ」、「バイオヘルス」の5つの重点分野を投資対象領域とし、国内外の有力なスタートアップ企業への投資を実行する。

大和証券グループは、これまで総合証券グループとして蓄積した豊富なノウハウをDG Lab2号ファンドの運営に活用する。

2019年8月末時点で、DG Lab 2号ファンドへ出資参画が確定しているのは、株式会社カカクコム、KDDI株式会社らに加え、三井住友信託銀行株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社をはじめとする企業群で、総額100億円を超える第一次募集が完了するほか、2020年3月までに最終的なファンド総額として200億円程度を目指すという。

DG Labファンド

DG Labファンドでは2019年1月、ブロックチェーン金融サービスの開発を目的にDGと投資先のBlockstream社、出資社の東京短資株式会社との合弁で設立した株式会社Crypto Garageにて、金融分野第1号となる内閣府「規制のサンドボックス制度」の認定を取得した。

本サンドボックス制度のもと、、複数の事業パートナーの協力を得て、円建てトークンを発行し、暗号資産と同時交換する決済サービスの実証実験を開始。 今後は、さらにビットコインベースのブロックチェーン上で独自暗号通貨を発行できる汎用フレームワーク「DG Lab DVEP (Digital Value Exchange Platform)」™など、DG Labのブロックチェーン分野での開発資産などを通じ、出資先の事業育成推進とオープンイノベーションを加速させるとしている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら