モルガン・クリーク設立者「金融庁は、仮想通貨ビットコイン(BTC)支持のスタンスだ」

モルガン・クリーク設立者が金融庁長官らと面会
米モルガン・クリークの共同設立者が「FIN/SUM2019」のために訪日し、金融庁の遠藤長官らの仮想通貨に対するスタンスを確認。「日本は新しい技術を採用し、世界のリーダーになることを望んでいる」との見解を明かした。

モルガン・クリーク設立者が訪日

米大手デジタル資産運用会社モルガン・クリーク・デジタルの共同設立者Anthony Pompliano氏が、「日本の金融庁は、ビットコイン(BTC)とライトニングネットワークを大いに支持している」との見立てをツイートした。

Pompliano氏は、東京・丸ビルで開催されている、フィンテックの活用をテーマにした国際イベント「FIN/SUMフィンサム2019」を訪問。金融庁の遠藤俊英長官らと面会した。

フィンサムの会場で、仮想通貨ビットコインや、取引の高速化や手数料の削減が期待できるオフチェーン上のセカンドレイヤーペイメントプロトコルであるライトニングネットワークについて、金融庁のスタンスを直接確認したとみられる。

上記のツイートでは、日本を「国として初めてビットコインを受け入れた」と評価し、その事実は大きなアドバンテージになるとも説明した。

また、ツイートの根拠を教えて欲しいというコメントに対し、「日本は非常に明確な規制を設けており、ビットコインやライトニングネットワークの有益性に期待している」と説明。「金融庁はオープンなネットワークが大きなメリットをもたらすと考えており、新しい技術を採用して、世界のリーダーになることを望んでいると明確に話していた」と返信した。

関連「全ての機関投資家が仮想通貨に出資する」米ファンドが語るBTC市場展望

FATF書記官「日本の仮想通貨規制は2年先を行っている」

6月に引かれた業界初のサミットV20にて、CoinpostはFATFのNeylan書記官に取材を行なった。

Neylan書記官は、「日本の規制は非常に先進的であり、他国と比較すると2年進んでいると言っても過言ではない。」と、日本政府の早期対応を評価している。

具体的には日本が、改正資金決済法など世界において最も早く法規制の施行に動き出した国であり、自主規制団体JVCEAも存在している事実から、その積極性と包容力が見受けられていると指摘した。

関連FATF書記官「日本の仮想通貨規制は2年先を行っている」|V20 CoinPost取材

CoinPostの注目記事

BTC市場に中国マネー再び 中国人専門家が現仮想通貨市場へ見解語る
中国人ファンドマネージャーのDovey Wan氏は、中国人投資家がビットコイン市場に出戻る可能性があると指摘した。仮想通貨市場は今も昔も中国が重要である理由を語り、投資家を呼び戻す条件を指摘した。
BitMEX CEO「ビットコイン2万ドル到達に2つのステップ」 理由は11日の大型カンファレンス後に解説か
BitMEXのCEO Arthur Hayes氏が、ビットコイン2万ドルに関して言及。ビットコインETFがローンチするとした報道などとタイミングが重なり、市場の上昇につながった。理由は、来週予定の業界大型イベントの後に見解を語ると見られる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら