米CME、ビットコイン(BTC)のオプション取引を開始か 早ければ年内実現=The Block

米CMEの情報筋、BTCのオプション取引が間も無くか
The Blockの独占報道によると、米大手デリバティブ取引所CMEはBTCのオプション取引の提供に向けて準備を行なっている。年内ローンチする可能性もあるという。

米CMEの情報筋、BTCのオプション取引が間も無くか

仮想通貨メディアTheBlockの独自報道によると、米大手デリバティブ取引所CMEはビットコイン(BTC)のオプション取引の提供に向けて準備を整えている。

この事情を知る情報筋の話では、CMEは複数の流動性供給会社(専業マーケットメイカー)にビットコインオプションの詳細を共有しており、年内にも新たな取引商品をローンチする可能性があるという。

CMEは2017年12月18日よりCFTCの規制下でビットコイン先物を提供している。ビットコインが強気相場を入りした19年5月には、先物出来高が取引開始以来の最高値を記録するなど、同取引所におけるビットコイン関連商品の出来高は増加傾向にあった。

仮想通貨市場のオプション取引は、LedgerXやJEX(先日バイナンスに買収された)など複数の提供元がある一方、仮想通貨オプション取引市場の巨大シェアをDeribitが有している(90%以上)。この支配率は、仮想通貨デリバティブ市場において圧倒的な数字であるが、CMEなどの伝統的取引所なども仮想通貨オプション取引市場に参入することで、市場が過熱する可能性がある。

先月には、Deribit協力のもとOTC取引用に設計されたデリバティブ取引の新たなトーレディングプラットフォーム「Paradigm」なども公開されている。

関連:デリバティブのDeribitが開発協力した投資専門メッセージアプリが誕生

CoinPostの注目記事

29日のビットコイン急落の原因を探る、クジラがCMEで「ダンプ」か
複数のアナリストはCMEビットコイン先物SQと現物市場における低い出来高が、BTCが1万ドル台➡︎9,300ドル台(8月の最安値)まで下落した要因としている。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら