麻生大臣、現行規制では対処できない暗号資産(仮想通貨)問題を危惧|フィンサム2019

麻生大臣がFIN/SUM 2019にて暗号資産への規制について言及した。
麻生財務大臣は、金融庁主催のFIN/SUM 2019において基調講演を行い、パブリックブロックチェーン対する新規制や、現状の規制ではカバー出来ない将来的な問題点に言及した。

現行規制で対処できない問題を危惧

麻生太郎財務大臣は5日、金融庁主催のFIN/SUM 2019において、暗号資産(仮想通貨)に対する規制に関して言及した。

暗号資産を専門とするエンジニアや研究者と規制に関して共通の価値観が得られにくい状況があることを引き合いに出し、パブリックブロックチェーン対して新しい規制が必要ではないかと発言。パブリックブロックチェーンを使用する暗号資産は中心となる管理者がおらず、その匿名性の高さから今までに類を見ない問題が将来的に起こるのではないかと見解を示した。

途中、Facebook主導で計画中の「仮想通貨リブラ」が世間の注目を集めている点にも言及した。

新しいデジタル通貨は既存の規制を遵守しているかどうかチェックする必要があり、既存の規制が想定していない新たな問題に対しても検討する必要がある、と発言。今後の暗号資産に対して慎重な姿勢をとっていくことを示した。

CoinPostの関連記事

金融庁長官、仮想通貨に関連したグローバル対応やブロックチェーン国際会議の主催に言及|フィンサム2019
金融庁長官は東京で開催中のFIN/SUM2019にて、暗号資産に関連したグローバル対応などを進めるとともに、G20議長国としてブロックチェーンラウンドテーブルなどの国際会議を主催する」などと言及した。
SBI北尾社長「国際送金は、仮想通貨XRP(リップル)を使用する形で」|フィンサム2019
SBI北尾社長はフィンサムにて、デジタル決済および仮想通貨領域について熱弁。米Rippleと提携したマネーグラムのほか、デジタル決済マネータップの展望、STOによる資金調達など、多岐に渡る事業展開に言及した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら