Bakktのビットコイン先物 当初証拠金など詳細を公表へ

BakktのBTC先物、当初証拠金が3,900ドルから
Bakktの親会社ICEは、ビットコイン先物取引に必要な当初証拠金(IM)など取引の詳細を公開。9月23日にも現物決済先物取引の提供開始日を控えており、今回の公表文でも改めて明記された。

BakktのBTC先物、当初証拠金が3,900ドルから

Bakktの親会社ICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ)は、ビットコイン先物取引に必要な当初証拠金(IM)など取引の詳細を公開した。同社は9月23日にも現物決済先物取引の提供開始日を控えており、今回の公表文でも改めて明記された。

当初証拠金とは、規制当局CFTCが管轄となる証拠金規制が定める証拠金制度の一種で、過度の投機から市場の安定を担保するための方策である。

Bakktのビットコイン先物は、ICE Futures U.S.への上場を通じて取引が行われるため、先物商品の取り扱いや証拠金等の詳細はICEが担当する。

ICE Futures U.S.では、ビットコイン先物の提供にあたり、2つの当初証拠金が設定されていることがわかった。日間と月間契約どちらの場合も、当初証拠金の設定は一律になる。

  • ヘッジ当初証拠金=3,900ドル(約42万円)
  • 投機当初証拠金=4,290ドル(約46万円)

これら証拠金額は、ICEで提供される様々の金融商品と同水準であることが確認できている。

なお、インターマーケットスプレットに関してもヘッジと投機によってレートが異なる。このマージンレートは最終取引時間に依存すると明記されている。

  • ヘッジレート=400〜1,000ドル
  • 投機レート=440〜1,100ドル

関連Bakkt、入出金開始で機関投資家から高い需要を実感

参考:ICE公式

CoinPostの注目記事

仮想通貨プラットフォームBakktがビットコイン(BTC)入出金開始、先物取引の仕組みとは
2018年8月、NYSE(ニューヨーク証券取引所)の親会社ICEが設立を発表した仮想通貨プラットフォームBakktは9月23日より、先物取引を正式に開始する予定。発表から1年ほどの重要な動きも振り返る。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/22更新】
23日には、Bakktがビットコイン先物取引をローンチする。そして24日、SECの長官らは米下院の公聴会に出席し、リブラを含む仮想通貨の規制、ビットコインETFなどの課題について証言する予定だ。仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら