テザー社の3億USDT新規発行を巡る「矛盾」|チェーンスワップ後のバーン確認できず

テザー社がブロックチェーン移行
米ドルステーブルコイン「USDT」の新規発行が確認。テザー社はチェーンスワップの過程で生じた3億USDTであり、総供給量に変更はないと発表したが、元のチェーンのトークンが破棄されていないとの指摘もあり矛盾が生じている。

テザー社がUSDTを発行

米ドルステーブルコイン「USDT」などを発行するテザー社が、3億USTD分のテザー発行が大口の動きをトラッキングするBOT「Whale Alert」で明らかになった。

本ツイートの報告から、今回の発行はビットコインベースのOMNIネットワークからイーサリアムブロックチェーンへのスワップ(移行)の一環だということが判明しているが、移行後にOMNIネットワーク上のトークンがBURN(消滅)されていない可能性が指摘されている。

一部のUSDTをイーサリアムブロックチェーン上に移行する旨は、テザー社からも公表された事実で、本プロセスにおけるUSDTの供給量の変更ないと説明。

一方、「Whale Alert」など資金の動向を調査するシステムは、移行されたことで消滅するはずのオムニブロックチェーン上のUSDTがそのまま残っている可能性を指摘。主張に矛盾が生じている。

イーサリアム上で新規発行されたUSDTは、テザートレジュリーからBinanceに送金された形跡も確認されている。

CoinPostの関連記事

テザー建取引の影響力が強い理由 ビットコイン出来高から影響力を分析
仮想通貨分析企業が、ビットコイン出来高と仮想通貨取引所の関係を分析。直近でBitfinexの影響力が低下していることや、テザー建取引の変動率の高さを示すデータを公開した。
テザー社、中国人民元ペッグの仮想通貨ステーブルコインを正式ローンチ
テザー社が、中国本土外で流通するオフショア人民元にペッグされた新たなステーブルコイン「CNHT」を正式にローンチ。CNHTは、テザー社がサポートする4番目のステーブルコインである。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら