XRPのATM導入へ繋がるか リップル社投資部門、仮想通貨ATM最大手に150万ドルの出資

リップル社投資部門「Xpring」が仮想通貨ATM企業へ出資
リップル社の投資部門Xpringは、世界最大の仮想通貨ATMネットワークを提供する企業Coinmeへの150万ドルの出資を発表。Coinmeの仮想通貨ATMで、XRPの取り扱いが開始する可能性もある。

リップル社投資部門「Xpring」が仮想通貨ATM企業へ出資

リップル社の投資部門Xpringは、世界最大の仮想通貨ATMネットワークを提供するCoinmeの資金調達ラウンドで、出資を行なったことを発表した。出資額は150万ドル(約1億6千万円)で、Coinmeは今回調達した資金は、仮想通貨ATMの国際普及に必要な追加ライセンス取得費に充てるとしている。

Coinmeは、米国で最初の仮想通貨ATMの1つを立ち上げた企業である。今年1月には、硬貨を紙幣へ両替する自動販売機を、食料品店や小売店など世界で約2万台を展開する企業Coinstarと提携し、その販売機でビットコインを購入できるようにするサービスを開始していた。

Xpringは、Coinmeの仮想通貨の一般普及を促す動きが同社の掲げる使命と一致するとしており、出資を決定した理由にあると明かした。なお、Xpring社が仮想通貨ATM関連企業へ出資事例は今回が初である。Coinmeの提供するATMでのXRP取り扱いにも期待ができる動きとなりそうだ。

仮想通貨ATMの魅力の1つとして挙げられるのが、KYCなどの登録プロセスを必要とせずに即時に現金で仮想通貨を売買できるなどの利便性である。

Coinmeの共同設立者兼CEOであるNeil Bergquist氏は、国際市場の中でも仮想通貨人気の高いヨーロッパや中南米を今後のターゲットにしていくと語っている。仮想通貨ATMの普及にも、エコシステム拡大のための1つの要素として今後も注目していきたい。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ATM発祥の地バンクーバー、資金洗浄などの懸念で利用禁止を検討中か
カナダのバンクーバーが仮想通貨のATMの利用禁止を検討していると報じられている。仮想通貨とそのATMがマネーロンダリングに利用されることを問題視。
仮想通貨ATMがXRP(リップル)の売買に対応 米ニュージャージー州で
BelcoBTM社の仮想通貨ATMでXRP(リップル)の取り扱いが開始された。同ATMは米ニュージャージー州内12か所に設置されており、現金でのXRPを含めた仮想通貨の売買が可能となる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら