仮想通貨EOS、9月23日に大型アップデート|メインネット後、初のハードフォークを予定

EOSがアップグレード実施
9月23日に仮想通貨EOSが大型のアップグレードを行う。ハードフォークを伴う今回のアップグレード後は、ブロックチェーンの安定化とスケーラビィティの向上が見込まれている。

EOSがハードフォーク

仮想通貨EOSが9月23日(UTC)に大型のアップグレードを行う。

今回はEOSのメインメットワークのリリースから最大のアップグレードで、ハードフォークを伴う。アップグレード後は、EOSの核となるソフトウェア「EOSIO」の、バージョン1.8をアクティブ化するという。

アップデートに関する開発者会議を火曜日に執り行い、最後のアップグレードステータスを確認すると見られる。現時点では、トップBPの大多数がアップグレードに対応している。(通貨分裂を防ぐための重要なステータス)

EOSのブロックチェーンは、イーサリアムのような分散型で、非常に処理能力が高いという特長がある。また取引手数料が無料であることも大きな特長だ。

バージョン1.8では、コンセンサスプロトコルのアップグレードが実行され、ブロックチェーンの安定化とスケーラビィティの向上が見込まれる

ハードフォークに伴う取引所の対応には注意し、ハードフォーク前後のEOSの送受信は控えたい。

参考資料 : EOS NATION

CoinPostの関連記事

ハードフォーク仮想通貨の税制を明確にする法案が米国会へ再提出
仮想通貨の税制が不明確な米IRSに対し、米国会議員は仮想通貨税制法案を再提出。フォーク通貨を対象にする同法案では納税しないペナルティを免除する。
ビットコインキャッシュが11月15日頃にハードフォークを予定、シュノア署名の拡張などアップデート
Bitcoin ABCは、ビットコインキャッシュが11月15日頃に新たなハードフォークを予定していることを発表した。シュノア署名の使用可能範囲とトランザクションセキュリティの向上が主なアップデート内容となる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら