仮想通貨情報サイトTrading Room、ビットコイン7000ドルの大幅続落を予想

ビットコイン大幅続落予想の根拠
海外の仮想通貨情報サイトTrading Roomが、今後のビットコイン(BTC)価格について「6900-7200ドルあたりまで下落し得る」と予想。全体時価総額における主要サポートラインを根拠に示した。

ビットコイン大幅続落予想の根拠

ビットコイン価格が急落した仮想通貨市場について、海外の仮想通貨のトレード情報サイトTrading Roomが、独自の見通しを公開した。

Trading Roomによれば、日足の200日移動平均線を下回ったことに言及した上で、6900-7200ドル付近まで下落する可能性があると分析した。

同社の分析によれば、「明日までに価格が回復し、移動平均線がサポートラインとして再機能する可能性も考えられるが、仮想通貨市場の全体時価総額推移などを鑑み、BTC価格の動きやサポート/レジスタンスラインのレベルを観察した場合、14-15%級の更なる下落も想定している。」

仮想通貨市場の全体時価総額における次の主要サポートラインは、1780億〜1820億ドル付近(約19.1兆円〜19.5兆円)になるとし、BTC価格は6900〜7200ドルあたりまで下落する可能性があるとの見通しを披露。指値注文7400〜7600ドルを取り消し、6900〜7200ドル(74.2〜77.5万円)に設定し直したとしている。

24日に10,000ドル付近から急落したビットコイン(BTC)価格は、26日時点で8300ドル付近を推移するなど一旦膠着状態にあるが、市場では「さらに続落する」との悲観論が強まっている。

CoinPostの関連記事

弱気相場を鮮明にしたビットコイン(BTC)今後の重要ライン、米大統領弾劾騒動も|仮想通貨市況
昨日の大幅下落で弱気相場を鮮明にしたビットコイン(BTC)に対し、市場参加者には悲観論が渦巻く。米大統領の弾劾騒ぎで政局不安が募るなか、意識されやすい重要ラインは。
トム・リー、仮想通貨市場(ビットコイン)暴落に米S&P500の影響を指摘
25日のビットコイン急落について、著名アナリストのトム・リー氏は、米株式市場と仮想通貨市場の相関性を指摘した。一方、市場関係者からは、この見解に懐疑的な意見も少なくない。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら