仮想通貨取引所ビットポイント、9月30日にサービス再開へ

BITPointがサービス再開へ
今年7月にビットコイン(BTC)など30億円相当が不正流出した仮想通貨取引所BITPointを運営するビットポイントジャパンは、9月30日に仮想通貨の送付(送金)サービス再開することを発表した。再発防止策を含め、一定の目処が立ったものと思われる。

BITPointがサービス再開へ

仮想通貨取引所BITPointを運営する株式会社ビットポイントジャパンは27日、仮想通貨の送付(送金)サービスについて、2019年9月30日(月)14時頃にサービスを再開する予定であることを発表した。被害に遭った顧客対応や金融庁とのやり取りに加え、セキュリティ面を含めた経営管理体制など再発防止策を含め、一定の目処が立ったものと思われる。

ビットポイントジャパンは、「安全性を第一にしながら可及的速やかにサービスを再開し、利用者からの信用回復に努める」としている。

同取引所では今年7月、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など30億円相当の仮想通貨不正流出事件が発生。その後の記者会見で事業存続に関して、「補償分を差し引いても約30億円の現預金残高がある。」「利用者保護最優先を大前提として、可及的速やかにサービス再開を目指す。」などと言及していた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら