米国版バイナンス、新たな地域へ仮想通貨取引を拡大 日間出来高判明で利用事情も

米国版バイナンス プエルトリコ住民にもサービスを提供に
バイナンスの米国版「Binance US」は、米自治連邦区の「プエルトリコ」にもサービスを提供し、口座開設とKYC認証の手続きを開始した。なお、24時間出来高のデータで各プラットフォームのパフォーマンスが明らかに。

米国版バイナンス プエルトリコ住民にもサービスを提供に

取引所バイナンスの米国版「Binance.US」は、米自治連邦区の「プエルトリコ」にもサービスを提供を拡大する。発表時点で口座開設とKYC認証の手続きを開始している。

Binance.USは先週25日より、米国で13の州の除き、取引サービスを開始していたが、初めて新たな地域へ利用範囲を拡大させた。同社は、オープン当時からより多くの地域に拡大する旨を発表していた。

同取引所は、アルトコイン上場についても拡大する旨を報告している。現在の取り扱い銘柄は計12通貨。CEOのCatherine Coley氏は今後もより多くのアルトコイン上場を進めていくとしている。

関連米国版バイナンス、新たに5通貨を上場

本系バイナンスのCZ氏によると、29日の時点で、Binance.US(開始4日目)の24時間出来高が100万ドルほどで、本系バイナンスの7億ドルに比べてはわずか0.14%と低い割合で推移していることを明かした。「まだまだ小さな一歩だ」とコメントするなど、利用拡大を図りたい考えだ。

一方、世界的に利用ができるバイナンスの先物取引所「Binance Futures」の出来高は好調に推移。24時間出来高は、約3億ドルと、世界的にもトップの出来高水準に近い出来高まで拡大している。開始して一ヶ月も立っていなか、出来高の好調さがユーザーからの需要を反映している。

参考:Binance.US

CoinPostの注目記事

仮想通貨取引所バイナンス、計30の「通貨ペア」を廃止へ
最大手仮想通貨取引所バイナンスは、30種類の通貨ペアをプロジェクト側の要望により廃止することを明らかにした。日本時間30日17時より実施される。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【10/15更新】
仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら