バイナンス版リップル、仮想通貨「XRP-BF2」が誕生 Binance DEXに上場予定

バイナンスチェーンの「XRP」が誕生
最大手取引所バイナンスは独自ブロックチェーン「バイナンスチェーン」で、仮想通貨XRP(リップル)を100%担保にした「XRP-BF2」を発行した。

バイナンスチェーンの「XRP」が誕生

仮想通貨取引所バイナンスが、独自ブロックチェーン「バイナンスチェーン」で、仮想通貨XRPを発行したことが判明した。CZ氏がSNSで明かした。

バイナンス版のXRPは、「XRP-BF2」と称し、現物の仮想通貨XRPにペッグしたミラー通貨とされる。

XRP上場の手段

発行されたのは、10,000,000XRPに相当するXRP-BF2だ。バイナンスチェーン上で動く分散型取引所「バイナンスDEX」に上場予定としている。

仮想通貨XRPとバイナンスDEXは、異なるプロトコルを利用しているため、XRPをバイナンスDEXに上場させるには、現物のXRPを担保にするバイナンスのプロトコルを使った通貨を代わりに上場させる必要がある。

バイナンスでは、以前にも、ビットコインのバイナンスチェーン版「BTCB」を発行した経緯がある。

関連「BTCB」上場 ビットコイン100%担保の独自通貨

担保として発行することによって、バイナンスDEX上でも、バイナンスプロトコル以外の通貨を取引することができる。現時点では、DEXでのXRP-BF2の取引ペアは発表していない。

バイナンスDEXは4月より正式に稼働し始め、出来高ランキング124位にある。

CoinPostの注目記事

世界的な仮想通貨経済圏を保護 バイナンス、FATF規制対応へ
仮想通貨取引所バイナンスが、金融活動作業部会(FATF)が発表したマネーロンダリングに対するガイドラインに準拠するため、英仮想通貨分析企業と提携。最終的に仮想通貨の経済圏を守ることが目的としている。
BTC開発者がバイナンスCEOに要請「SegWitの実装と引き換えにバイナンス宣伝」
著名ビットコイン開発者Udi Wertheimer氏は2日、最大手取引所バイナンスのCEOに「SegWit」などの実装を要請。一定期間バイナンス・ブランドのPRを請け負う交換条件を提示し、CZ氏がこれに応えた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら