Alipay・WeChatPay、仮想通貨取引への決済サービス提供を全面否定 中国マネー細る要因で警戒感

中国Alipay・WeChatが仮想通貨取引に関する決済サービスを否定
バイナンスの中国向け仮想通貨OTCで決済プロセスにAlipayとWeChatPayが使えることをCZ氏が認めた問題で、当該2社が仮想通貨取引に関係する人民元の決済サービス提供を全面的に否定する公式文書を公開した。一連の流れと中国の水面下の取引状況から、中国マネーが細る要因に繋がる可能性も危惧される。
           

Alipay・WeChatが仮想通貨取引に関する決済サービスを否定

バイナンスの中国向け仮想通貨OTCで決済プロセスにAlipayとWeChatPayが使えることをCZ氏が認めた問題で、当該2社が仮想通貨取引に関係する人民元の決済サービス提供を全面的に否定する公式文書を公開した。文書を通じて、中国政府の意向のもと、そのような利用を禁止している方針を伝えた。

バイナンスが新たに開始した中国人民元(CNY)建てのOTC取引(P2P)で、人民元の入金ルートに銀行カードのほか、AlipayやWeChatPayからの入金も可能であることがユーザーの報告から判明。CZ氏もツイッターで事実関係を肯定した。

その後、話題の広がりを受けCZ氏は、「バイナンスが直接にAlipayやWeChatと提携しているわけではない。ただユーザーがP2Pの決済で利用できるだけだ」と追加説明を行なっている。

AlipayとWeChatPayの公式声明内容は以下の通りだ。

Alipay

CZ氏の肯定したツイートに対して、否定する内容を掲載。「Alipayを利用しビットコイン取引が行われた報告は複数あった。仮想通貨に関与するAlipayでの送金は、ただちに中止する」と立場を明確にし、中国政府へのコンプライアンスを強調した。

WeChatPay

WeChatPayは、「我々は仮想通貨取引には一切対応(関与)しない。仮想通貨関連の送金が見つかり次第、ただちに規制当局に通報し排除する」と、Wechatと同様の対応を明らかにした。

中国事情通の仮想通貨ファンドマネージャーDovey Wan氏は、今回行われた2社の声明文がバイナンスOTCにおける発表で世界的に話題が広がったことに起因すると指摘。Alipayのような公式声明は、「中国特有の政府へのアピールである」と言及した。

その上で、OTCトレーダーでもある友人の一人が、WeChatPayでコーヒーを購入する時にサービスをブロックされたことと明かし、WeChatPay側はOTCを行なったことのある利用者を探知できると推論している。

昨年にもAlipayとWeChatは、仮想通貨取引における利用へ対応を行わず、規制当局と協力する方針を示しており、水面下での利用はできたとの指摘はあるものの、今回の問題を受け、取引停止などの対応措置を強める可能性もあると指摘されている。

今年8月以降、中国のOTC市場は決済サービス企業と警察当局の対策強化によって水面下の取引に懸念が生じたことから、以前より出来高が低下する傾向が見られている、とWan氏は説明した。

OKExやHuobiなどのOTC取引でも利用できたとの指摘もあるこれらの入金プロセスは、バイナンスが公式に人民元建てのビットコイン取引を発表したことを受け、Alipayらに警戒心を再燃させた可能性が高い。一度は中国マネーの流入に期待が高まったニュースではあるが、真逆の結果を生む可能性も危惧される。

まさに、バイナンスとCZ氏の影響力の高さが影響した格好だ。

今後、決済サービスの対応およびユーザーの利用頻度、出来高には市場の注目度も高まることが予想される。

CoinPostの注目記事

バイナンス、中国向けビットコイン取引でWechatやAlipayと連携
世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスが新たに開始した、中国人民元(CNY)建てのOTC取引(P2P)で、人民元の入金ルートに銀行カードのほか、AlipayやWeChat Payからの入金が可能であることが判明した。
【速報】バイナンス版リップル「XRP-BF2」Binance DEXに新規上場
バイナンス版リップル「XRP-BF2」がBinance DEXに上場。本日17:30より取引が開始されることが発表された。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら