CMEビットコイン先物、大口の取組高が前年比60%増「機関の関心は依然強い」

CMEのビットコイン先物OIは増加傾向を維持
機関投資家が利用する米大手デリバティブ取引所CMEは、ビットコイン先物ポジションデータを公開。前年比で大口の取組高は60%以上膨らんできていることが判明した。
           

CMEのビットコイン先物OIは増加傾向を維持

機関投資家が利用する米大手デリバティブ取引所CMEは、ビットコイン先物ポジションデータを公開した。前年比で大口の取組高は60%以上膨らんできているという。

CMEによると、大口に該当する25BTC以上の契約を持つ大口の取組高推移(OI)では、2018年Q3(7月〜9月)の2,873から、今年Q3の4,629に増加した。

2018年年末の大暴落や今年の2回の大幅急落がある中、2018年Q2よりこの大口のOI値は右肩上がりだ。大口や機関投資家からの投資意欲は一向に減滅していないことがわかる。

なお、出来高も昨年Q3比、10%高で5,534契約になっていた。ビットコインに換算すると27,670 BTCに該当する。「機関投資家のマネーフローは依然として強い。」とCME側がコメントした。

先日、同社の役員Tim McCourt氏は、CMEのビットコイン先物の出来高の50%以上が、アジアと欧州のトレーダーによるもとと明かした。2020年Q1に予定する新たなBTCオプション取引も同様な規模の需要を見込んでおり、アジアマネーに対する期待感を示した。

CoinPostの注目記事

「ビットコインオプション取引はアジアの投資家やマイナーに期待」米CME責任者が発言
米デリバティブ大手取引所CMEの責任者は来年提供開始予定のビットコインオプション取引について、アジアの投資家やマイナーの参加を期待していると発言。オプション取引の魅力も語った。
記録更新続けるバイナンス先物取引出来高 、ローンチ一月でBTC現物取引量越え
バイナンスの先物取引所の取引量が急増している。最新のバイナンス週間レポートでは、同社の24時間当たりの先物取引の出来高が現物取引を上回ったと公式に発表、一時間の出来高が16000BTC(145億円相当)に達した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら