「BTCを知っている:67%」中国の131校を対象 仮想通貨・ブロックチェーン意識調査

中国の大学生に意識調査を実施
中国の大学生を対象に、仮想通貨やブロックチェーンに関する意識調査を実施。実際に仮想通貨を所有している学生やブロックチェーン業界に就職したい学生の割合など、様々な数値が公表された。

中国の大学生に意識調査を実施

中国の大学生を対象に、仮想通貨やブロックチェーンに関する意識調査が実施されたことが分かった。CoinPost提携メディア「巴比特」が報じた。

今回の調査は131の学校を対象に実施された調査だ。中国における仮想通貨は国家主体で取引を禁止しているが、大手仮想通貨取引所のバイナンスが中国人民元(CNY)建てのOTC取引を開始するなど、注目度は依然高い。

関連最大手取引所バイナンス、中国人民元建てOTC取引サービス開始

アンケート結果によると、「仮想通貨を所有している」と回答した学生は全体の8%。「仮想通貨をよく知っている」と答えた学生は4.2%、「仮想通貨に投資した経験はあるが今後の投資は控える」とした学生は9%となった。

具体的な銘柄に関しては、ビットコイン(BTC)を知っていると回答した学生が203人で全体の67%に上る。イーサリアム(ETH)を知っている学生は31.68%となった。

フェイスブック主導の仮想通貨リブラを初めとする新しい銘柄にも注目しているという学生は54人の17.82%に留まった。

一方、卒業後ブロックチェーン業界への就職を希望する学生が26.7%とかなり前向きな回答が得られたという。ブロックチェーンについて何も知らないと答えた学生も23.4%いたが、経済学・マネジメント・工学を専攻する学生などを中心に、仮想通貨やブロックチェーンに対する関心が高かったとした。

最近では、米リップル社が自社の「大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)」に東京大学と京都大学の2校が参加することを発表したように、大学でも人材育成を目的としたプログラムや講義が盛んに行なわれるようになってきている。

関連東大と京大がリップル社のブロックチェーン研究プログラムに参加

参考資料:巴比特

CoinPostの関連記事

中国富豪ランキングに仮想通貨業界の大物ら12人 中国で300億円以上の資産保有者は2年連続減少傾向
レクサスが後援する「hurun中国富豪ランキング2019」に仮想通貨業界からも複数の富豪がランクインした。BitmainのMicree Zhan氏は総資産4500億で100位、BinanceのCZ氏も2700億で195位に。
中国デジタル通貨「発行の具体的スケジュールはない」=中国人民銀行総裁
中国人民銀行の易綱総裁は24日の記者会見でデジタル通貨発行に関して具体的なスケジュールはない、と述べた。11月11日に発行されるとの報道があったが公式に否定されることとなった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら