ブラジル中銀の国際収支報告書に「ビットコイン」と「暗号資産」

ブラジル中銀の国際収支に仮想通貨が含まれる
ブラジル中央銀行が新たに公表した国際収支表に、ビットコインなど仮想通貨が含まれたことがわかった。南米市場は、事業拡大計画の一環で進出を果たした米リップル社をはじめ、業界からも注目度が高まっている。

ブラジル中銀の国際収支にBTC

ブラジル中央銀行が、2019年の国際収支書と2020年の見通しに関するレビューを公表した。国際通貨基金(IMF)の推奨を受け、ビットコインおよびその他の「暗号資産」が含まれている。

今回はこの新しいルールの後に、最初に作成されたレポートであり、国際収支統計には商品の輸出入枠に「仮想通貨の売買」が含まれているという。

仮想通貨を含める方針に関しては、今年の8月に、ブラジル中央銀行は国際通貨基金(IMF)統計局の方針に従い、仮想通貨を金融商品として分類せずに、商品として中央銀行の収支表に含める決定を行なったことが報じられていた。

今後、より信頼性の高い、一貫した統計を提供することが可能になるという。

南米のブラジルを巡っては、米リップル社が進出を行うなど、新しい市場としての期待が多く集まっている。一方で現職の大統領であるジャイール・ボルソナーロ氏は前政権が認可したブラジルの仮想通貨プロジェクトを中止するなど、仮想通貨に関しては否定的な姿勢を持っているとみられる。

南米一の人口を抱え、市場としても大きな影響力を持つブラジルの動向に今後も注視していく必要がある。

参考:コインテレグラフ ブラジル

CoinPostの関連記事

ブラジル証券委員会、同国内の投資会社にビットコインオプション取引停止を命じる
ブラジル証券委員会が、投資会社XM Globalに対し、ビットコインのオプション取引を停止するよう警告した。同社は国内での営業許可を取得しておらず、ブラジル国民にもサービスの提供が許可されていない状態であることが分かった。
ブラジル中央銀行、仮想通貨を資産として貸借対照表に計上 IMF統計局ガイダンスの分類法に従う
ブラジルの中央銀行は8月26日、IMF統計局のガイダンスに沿った仮想通貨の分類法を導入し、暗号資産の売買は資産の売買として貸借対照表に計上すると公式発表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら