CoinPostで今最も読まれています

中国大手取引所HuobiがSBIと提携し、大規模銀行政策を片手に日韓市場参入

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

中国取引所Huobiが日本進出
仮想通貨取引禁止以前まで中国市場で最大だった取引所Huobiが世界で2番目に大きい仮想通貨市場を誇る日本に進出します。
Huobi参入の影響
Huobiの参入により、複数の既存取引所によって独占されている日韓仮想通貨取引市場の構造が改善されると予想されています。

Huobiが日本と韓国進出

2017年後半、中国三大仮想通貨取引プラットフォームHuobi、OKCoin、およびBTCCが本社拠点地を香港に移動しました。

さらにアジア投資家の仮想通貨需要を満たすため、店頭(over-the-counter – OTC)プラットフォーム経営を始めました。

Huobi Pro(香港経営用)にリブランドしたHuobiはOkCoinの香港取引所OKExとともに大量の取引高を処理しています。

さらに、日本の大手金融機関の一つであるSBIグループと戦略的パートナーシップを組み、日韓市場で大規模な仮想通貨取引所設立を試みています

SBIホールディングスは、

「以下の協定を確立するために、中国で安定した経営実績を持つメジャー仮想通貨取引所Huobiグループと基本契約を結びました(165万アカウント、一日の最大取引高300億中国元(約5100億円))」

と12月7日公式発表しました。

それに加え、SBIグループがHuobiの日本ベンチャーHuobi Technology Japan Co., Ltd.株30%を獲得したことを発表しました。

「SBIグループはHuobiグループの日本支社(Huobi Technology Japan Co., Ltd.)株30%を獲得し、Huobiグループの韓国支社(HUOBI CO., Ltd)株10%を獲得しました。また、HuobiグループはSBI Virtual Currencies株30%を獲得しました」

SBIホールディングスとHuobiのパートナーシップは、Huobiプラットフォームと日本銀行間の取引者の摩擦を減らせるため、注目の的です。

SBIホールディングスはHuobi取引所に仮想銀行アカウントと安定した銀行基盤を提供すると期待されています。

大手金融機関のサポートはHuobiの韓国仮想通貨市場参入に大きく貢献します。

既に日本と韓国の銀行は複数の仮想通貨計画において協力しています

大手市場開拓

CryptoCompareによると、日本と韓国の仮想通貨市場は世界のビットコイン取引の40%と世界のイーサリアム取引の10%を占めています

ユーザー認証プロセスを不便にし、取引効率を悪くするKnow Your Customer(KYC)とアンチ資金洗浄(Anti-Money Laundering – AML)システムがあるにもかかわらず、二国の仮想通貨取引所には数千万もの取引者が存在します。

Huobiのような大手仮想通貨取引所の参入により、複数の既存取引所によって独占されている日韓仮想通貨取引市場の構造が改善されます。

さらに大事なこととして、中国が2016年に大半のビットコイン取引を占めていた時、Huobiは世界市場の他のどの取引プラットフォームよりも多くの取引高を処理していました。

つまり、Huobiはビットコインと仮想通貨において高いプロファイル取引者と金融投資家からの需要に応えることができる取引所でしょう。

CCNは近日、ビットコインが日本経済のGDPを増大させていることを報告しました。

野村経済学者Yoshiyuki SimonとKazuki Miyamoto氏は以下のように説明しました。

「2017年会計年度の初めから未だ知られていない日本投資家によるビットコイン取引の利益効果を予測すると、消費者支出232億〜960億円の増加を推定できます」

大規模仮想通貨取引所の出現は、日韓仮想通貨市場を急成長させるでしょう。

China’s Largest Bitcoin Exchange Heads to Japan and South Korea With Major Bank Deal

Jan. 2, 2018 by BITCOIN EXCHANGE

参考記事はこちらから
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/19 日曜日
12:00
ビットトレードのビットコイン・ピザ・デー記念キャンペーン シバイヌなどが当たるチャンス
暗号資産(仮想通貨)取引所ビットトレードの特別企画。ビットコイン・ピザ・デーを記念して、シバイヌ(SHIB)やドージコイン(DOGE)も含む豪華景品が当たるラッキールーレットキャンペーンが開催される。2024年5月20日から24日までの期間限定。
11:30
オプション市場では6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中、翌週の展望は?|bitbankアナリスト寄稿
CPI発表後のテクニカル分析や6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中するオプション市場を踏まえ、bitbankのアナリスト長谷川氏がビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊ニュース|金持ち父さん著者キヨサキ氏のBTC投資推奨に高い関心
今週は、金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏による仮想通貨ビットコイン・金・銀投資の推奨、ジャック・ドーシー氏のビットコインについての発言、GameStop株やミームコインの暴騰に関するニュースが最も関心を集めた。
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア