「トランプ政権はビットコイン先物で2017年のバブル相場を終えた」CFTC元会長

仮想通貨の父が語る2017年バブル崩壊

米CFTCの元会長(通称仮想通貨の父)Giancarlo氏は、トランプ政権がビットコイン(BTC)先物商品の承認で、2017年のバブル相場に「終止符を打った」と明かした。

サンフランシスコで開かれる「Pantera Summit」で、Giancarlo氏はCoindeskの取材に応じ、「長い間誰も語っていなかったが、我々CFTC、SECと財務省等の金融規制者は、BTC先物がバブルを終えたと信じている。」と話した。

そしてサミットのスピーチで、2017年12月のビットコインおよびアルトコインの相場高騰は2008年以来の金融バブルになったため、トランプ政権は市場に寄り添った形で対策を適用したという。

Giancarlo氏は、「当時我々はバブルが膨らんでいることを目撃した。最もふさわしい方策は投資家・トレーダーが市場と互いに影響し合うことだった。」と説明し、「当時空売り(ショート)の手段はあまりなく、BTC先物は市場に対する悲観的な投資家にとって影響を与え得る1つの手段となる。」と指摘した。

実際、様々な市場研究でも空売りの手段の欠如がアルトコインの高騰が継続していた原因と指摘されている。

2008年の金融危機を受け、民衆は規制者が管理し損なったことに対し批判していた。当時の混乱を目撃してきたGiancarlo氏、規制側による先制手段を重視した。「BTC先物の導入は、市場が価格に規律をもたらせる力を見せてくれた」と結論付けた。

参考:Coindesk報道

CoinPostの注目記事

CFTC会長、2020年内に「仮想通貨イーサリアム先物」の誕生を予測
米国商品先物取引委員会のHeath Tarbert会長は、米国で開催中のイベントにて、仮想通貨イーサリアム(ETH)の先物商品が半年〜1年以内に取引されるようになると予想した。
米CFTC会長「有価証券に分類されたものがコモディティに変わることもある」
米商品先物取引委員会(CFTC)の新会長が、有価証券に分類されたものがコモディティに変わることもあるし、その逆も起こりうると発言。仮想通貨を含め、商品の定義が広がってきていると語った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら