中国交通機関の「ブロックチェーン領収書」をバイナンスCZ氏が披露

地下鉄のブロックチェーン領収書

最大手仮想通貨取引所バイナンスのCZ氏は、中国深セン市の地下鉄切符代の電子領収書がブロックチェーンに記載されている画像を投稿した。

CZ氏は、中国の最大手決済アプリWeChat Payを利用しチケットを購入した。「ブロックチェーン電子領収書」と表示されている。

中国事情通のDovey Wan氏は、CZ氏の投稿について、「1年以上前に導入し、現在実稼働している。ブロックチェーン領収書は、WeChatと財務省、税務局との連携による公共事業だ。」と説明している。

WeChat Payで利用しているブロックチェーンの名前は不明だが、WeChat独自のものの可能性もあると見られる。

今年3月、中国ローカルの経済新聞社「Securities Daily」は、深セン地下鉄フーティエン(福田)駅にて、中国初となるブロックチェーン利用の地下鉄電子請求書が発行されることを報じた。当時の報道では、WeChatベースのブロックチェーン・インボイス・イニシアチブ上で構築されたシステムだった。

CoinPostの注目記事

中国テンセントも仮想通貨リブラを警戒 中国キャッシュレス企業のライバルになる可能性も示唆
「WeChat Pay」を運営する中国テンセントは、リブラがキャッシュレスシステムに与える影響を述べ警戒感を示した。新たに公開されたブロックチェーン事業計画書内で論じた。
Alipay・WeChatPay、仮想通貨取引への決済サービス提供を全面否定 中国マネー細る要因で警戒感
バイナンスの中国向け仮想通貨OTCで決済プロセスにAlipayとWeChatPayが使えることをCZ氏が認めた問題で、当該2社が仮想通貨取引に関係する人民元の決済サービス提供を全面的に否定する公式文書を公開した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら