仮想通貨先物の全体出来高が現物市場の半分に膨らむ=ブルームバーグ報道

仮想通貨先物の出来高が現物市場の半分に

仮想通貨先物の全体出来高は、現物市場の全体出来高の約5割に及ぶと判明。仮想通貨市場が大幅に成長してきている、と米有力誌ブルームバーグは報じた。

ブルームバーグが分析した出来高のデータは計13社の主要先物取引所によるもの: Bakkt、CME、Binance、BitMEX、Huobi、Kraken、OKEx、Bitfinex、FTX、Bitz、Deribit、CoinFlex、Bybit。

米国における最初の規制された機関投資家向けのビットコイン先物は、Cboeが2017年の年末に提供するもので、その一週間後にCMEも同類の商品を開始した。Cboeのビットコイン先物はすでに中止になった。

また、米金融大手ICEが手がけるBakktは今年の9月22日より、米初の現物決済ビットコイン先物をローンチした。出来高はCMEに比べては未だ非常に少ないものの、先日のビットコイン大暴騰時に、再び過去最多の取引高を記録し、最初より堅調に推移している。

一方、同じ9月より開始したバイナンスのビットコイン先物はすでに過去最高の出来高として、20億ドル以上のボリュームを記録した。BitMEXに次ぐNo.2の個人投資家向けプラットフォームになっている。

参考:ブルームバーグ報道

CoinPostの注目記事

バイナンスのBTC先物取引アプリ 今週中にリリース
先物取引所「Binance Futures」のアンドロイド版専用アプリは今週中にリリースする予定だ。ビットコイン先物の出来高は新境地に。
ナスダック出資の仮想通貨取引所 BTC・ETH・LTC・BCHの先物取引を年内開始へ
ナスダックなどの大手金融企業が出資する機関投資家向けの仮想通貨取引所ErisXは、年内にも複数銘柄の現物決済先物取引を提供すると明かした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら