リップル社のXpring 仮想通貨XRPの有用性向上で新たな投資

Xpringの新たな投資

RippleのVC部門Xpringは、仮想通貨XRPの有用性向上のために、新たな投資を行なった。投資金額は明かされていない。

投資先は「Flare Networks」で、スマートコントラクトでの決済機能をXRPレジャーで可能にすることが目的になるという。

Flare Networksはイーサリアムバーチャルマシン(EVM)を統合したプロジェクトで、「XRPレジャーと同様に、ネットワークを保全するためには、スケーリングのできないインセンティブを不要とする」と説明。

なお、Flareのネイティブ通貨は、アルゴリズム型ステーブルコインである。生成するプロセスにおいて、XRPをバーンするメカニズムが導入されているという。

さらに、スマートコントラクトにおける決済は、RippleのInterledgerを利用し、XRPを送金することができる。Flareは現在テスト段階にあり、Interledgerを統合する予定をしている。

Xpringの責任者は先日、「インターネットにお金をもたらすこと」をビジョンとし、インターネット上での価値の移転を容易にする目標に向かっていると、展望を語った。そのための二つの柱として、金融機関向けのRippleNetと、XRPやILPを使用するスタートアップ企業への投資を行うXpringにフォーカスしているとした。

参考:Xpring

CoinPostの注目記事

「仮想通貨XRPを通じた巨額出資は単なる金銭支援ではなかった」リップル幹部が語るXpringの展望
リップル社投資部門幹部は、Xpringとしての展望を通じてXRPを利用するエコシステムの構築に言及。XRPやXRPレジャーを使用して開発を行う企業への巨額出資は、単なる金銭的な支援だけではなかったと振り返った。
仮想通貨XRPを介した国際送金、SWIFTより送金ボラが1/10に減少 リップル社が公式検証
Rippleは、XRPを利用したODLが従来のSWIFTでの法定通貨による送金ボラティリティの10分の1に抑えることができる検証を行い、数値を可視化した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら