米国会で表決へ CFTCの仮想通貨デリバティブ市場監督を強化する初の法案

米国会で審議開始

米国会下院は間も無く、CFTC(商品先物取引委員会)の仮想通貨デリバティブ市場に対する監督権を強化する法案に対し、表決する。

新法案「CFTC再認証法 2019」における規制で、CFTCが仮想通貨を含むデジタル商品契約と商品スワップに関する情報を収集するアプローチが定められている。

「CFTCはデジタル商品を基にした契約市場・スワップ執行ファシリティにおけるトレーダーのデータ・取引の情報等内容にアクセスできるルールを制定することになる。」との法案内容だ。

現在、本法案はすでにCFTCを監督する下院の農業委員会を通過し、下院における議場投票で決められる予定だ。

仮に上下院の可決を得た場合、本法案は国会の指示を基にしたCFTCにおける初のデジタル商品関連法になるという。Sean Patrick Maloney議員によると、委員会の可決を得た歴史上で初の仮想通貨デリバティブ法案になった。

CoinDeskに応じたCFTCの代表が、本法案はTarbert会長が下院委員会に推奨したものだと明かした。

参考:CoinDesk報道

CoinPostの注目記事

金融庁、仮想通貨の投資信託を禁止する方針 年内にもルール策定へ
日本の金融庁が、2019年中にも仮想通貨を投資対象とする投資信託の組成と販売を禁止する規制ルールを策定する方針であることがわかった。投資信託には、
米CFTC会長「有価証券に分類されたものがコモディティに変わることもある」
米商品先物取引委員会(CFTC)の新会長が、有価証券に分類されたものがコモディティに変わることもあるし、その逆も起こりうると発言。仮想通貨を含め、商品の定義が広がってきていると語った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら