ビットコイン二週間ぶりに8600ドル台 Bakktの出来高が過去最高に

ビットコイン急落 BakktのATH

ビットコイン(BTC)は、8日夕方から深夜にかけて大幅に下落、一時8660ドルまで急落した。二週間ぶりに9000ドルを下回り、現在8800ドル帯を推移。なお、仮想通貨相場は全面安となった。

出典:TradingView

二週間前(10月25日)の「習主席パンプ」で、ビットコインは当時の安値7300ドルから10,500ドルまで大暴騰した。

関連ビットコイン大暴騰で1万ドル台へ

一方、ビットコインの急落に際し、Bakktの月間先物契約の出来高は8日〜9日の1日で新記録を出した。25日暴騰時の出来高(1183)を大幅に超えている。

Bakktの公式報告によると、過去最高記録として1756 BTCが取引された。

Bakkt先物を追跡するBakkt Volume Botはこれまでの出来高推移をチャートにし、可視化している。

Bakktの出来高はビットコインのボラティリティに伴い、上昇する傾向が確認できる。機関投資家からの関心度もビットコインの乱高下に繋がっていると見られる。

経済・仮想通貨専門家のAlex Kruger氏は直近Bakktの出来高上昇とCMEの出来高推移について、「Bakktは最近1日あたり1000 BTCのボリュームに増えているが、CMEのボリュームは2018年の水準に落ちている。」と指摘。しかし、Kruger氏によると、Bakktの規模はCMEの約4%に留まる。

今後、機関投資家のマネーフローの改変に注目だ。

CoinPostの注目記事

Bakktのビットコイン先物、取組高(OI)が100万ドルを突破
Bakktのビットコイン先物で、取組高(OI)が100万ドルを突破したことがわかった。出来高も10月25日の高騰を機に、好調な推移を続けている。
ビットコイン(BTC)採掘難度調整で新たなシグナル、XRPは織り込み済みか|仮想通貨市況
リップル(XRP)市場で投機筋の売り圧力が見られるなか、ビットコイン(BTC)も正念場に。7月以降の下落相場でも強気一辺倒だったマイニング状況に”とある変化”が見られ、投資家の注目を浴びている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら