アルゼンチンとベネズエラ、BTC出来高が過去最高に

アルゼンチン・ベネズエラ、BTC出来高が過去最高記録

南米最大のビットコイン市場であるアルゼンチン・ベネズエラ両国において、先週のビットコイン(BTC)出来高が最高記録を更新した。仮想通貨モニタープラットフォームCoinDanceのデータで判明した。

10月3日〜9日の一週間では、当該の両国におけるビットコイン出来高はこれまでの記録を更新し、アルゼンチンは32万ドル、ベネズエラは560万ドルとの記録をつけていた。

直近数ヶ月に渡って、両国の通貨価値は継続した下落傾向にあることも、相対的に1BTCあたりの取引価格を押し上げた要因になると考えられる。法定通貨の価格が安定する日本では、容易に想像し難い現象だ。

先日、通貨危機に陥ったアルゼンチンでは、個人が購入できる米ドルに毎月200ドル(約2万2千円)の上限を課した。これを受け、購入制限のない外貨取得の手段としてビットコインに注目が集まっていたが、その後クレジットカードによる仮想通貨の購入が禁止に。現金カードでの購入は依然として可能であることから、外貨取得手段の一環で注目度が高まっているという。

なお、ベネズエラでも国策として仮想通貨ペトロを導入し利用を促進しようとしているが、未だ国内で普及せず一部の国民からビットコインに対する依存が高いの報道が見られている。

参考:CoinDance

CoinPostの注目記事

アルゼンチン、月200ドルの米ドル購入規制 ビットコイン取引高急上昇
アルゼンチンで、個人に対する毎月200ドル(約2万2千円)の米ドル購入制限を受け、ビットコイン(BTC)取引高が急増、過去3番目の出来高を記録した。有効な外貨取得手段との見方もある。
ベネズエラの独自仮想通貨「ペトロ」、同国デパートなど約100店舗で取り扱いへ
ベネズエラ政府当局者の主張によれば、同国最大のデパートチェーンであるTrakiを発端に、独自仮想通貨「ペトロ」の受け入れ店舗が100店舗に拡大した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら