仮想通貨カタパルトに関する最新案、今週木曜日に公開へ=ネム財団理事長

ネム財団理事長がSNS投稿

NEMネム財団のAlex Tinsman理事長はSNSへ投稿し、新たなブロックチェーンCatapult(カタパルト)のマイグレーションなどの進捗について情報をアップデートした。今週木曜日に、実行する「アクション案」と「推薦案」の最新情報を公表するという。

理事長によると、Catapultの移行を担当する「Catapultマイグレーション委員会」と開発チームの会議で、新チェーンの移行・トークンのエコシステム・ネムおよびCatapultのブランディングの議題に関して、前向きな結論に至ったと報告。

「実際、開発者と委員会はチェーンの移行に向けて一生懸命に取り組んでいる。情報開示の遅延は、情報のインプットやそのダイジェスト、および情報に関するコンセンサスによるものだ。」と説明し、「非中央集権はこのような面白いプロセスをもたらしている」と話した。

Catapultに必要な工程や時間については、「莫大なワークやコーディネーションが必要でありながら、事前にどれほど必要なのかは測れない」と言い、「すべては自然なプロセスであるため、難しいものの、不可能ではない」と、Catapultが順調に進んでいることを明確にした。

最後に、開発側とコミュニティは木曜日の情報開示で「アクション案」と「推薦案」を知ることになるとリマインドした。

CoinPostの注目記事

NEM移行対策グループ、新通貨「Catapultトークン」のアプローチ法など重要提案
NEM財団やテックビューロ社などで構成されたCatapultマイグレーショングループは、Catapultローンチの告知を発表した。ローンチ方法は新チェーンへのオプトインとなり、新通貨「Catapultトークン」が作成される。
ネム財団理事長、顧客目線の「カタパルト」ブランド構築で決意表明
仮想通貨XEMの展開で注目される「カタパルトプロジェクト」。NEM財団理事長がパートナーとのビジネス商談を進めていた事や、カタパルト自体のブランドも顧客目線で考えていく意向を示した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら