仮想通貨デリバティブの出来高、中華系大手OKExがBitMEX越え 中国市場の活性化を示唆

OKExが一位に

大手仮想通貨データサイトCoinGeckoは、仮想通貨のデリバティブ取引における出来高(14日)で、元中国三大取引所OKcoinが運営するOKExが1位にランクインしたことを報告した。BitMEXが2位、HuobiDMとBinance Futuresがそれに続く。

中国系の出来高が総じて上昇しており、中国で活発化するブロックチェーン関連の動向が、中国市場にいい影響を与えている可能性がある。

今回のランキングを記録した14日時点では、OKExの24時間出来高は20億ドルに達したという。

OKExは仮想通貨デリバティブの取引で、BTC・ETH・XRP・EOS・BCH・BSV・LTC・ETC・TRXの米ドル建取引を提供。現2位で、1位の常連でもあるBitMEXも同様に複数アルトコインの先物を提供している。

データ企業Skew社が10月8日に公開したデータでは、OKExはトップ5にランクインしていなかったため、直近で出来高が急増する変化が見られた可能性がある。

なお、9月より開始したばかりのBinance Futuresも好調で、他のデリバティブ取引所とは異なり、BTC先物のみ提供で、4位にランクインしている。

現物市場にも密接な関係にある世界の仮想通貨デリバティブ市場において、中華圏の取引所が好調な状況は、市場のプラス要因と捉えられるかもしれない。

OKExの新商品

なお、OKExは14日、BTC先物で新たにテザー建て(BTC/USDT)の提供を開始した。

レバレッジは0.01〜100倍に設定、BitMEXの最大レバレッジと同じ倍率で提供する。

バイナンスは先日、レバレッジを最大125倍に引き上げている。

CoinPostの注目記事

バイナンス先物「Binance Futures」過去最高のビットコイン出来高を更新
バイナンスの先物取引所「Binance Futures」は15日のBTC/USDTにおける24時間出来高で、過去最高値となる7億ドル以上のボリュームを記録。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/07更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら