CoinPostで今最も読まれています

ベネズエラ:冬のボーナスを「仮想通貨ペトロ」で支給

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

クリスマスボーナスを「仮想通貨ペトロ」で
ベネズエラのマドゥロ大統領は、冬のボーナス払いを政府発行の仮想通貨ペトロで支給すると発表した。

ボーナス払いを仮想通貨ペトロで

ベネズエラのマドゥロ大統領は、公務員並びに退職者と年金受給者に対し、クリスマスボーナスの支払いを政府発行の仮想通貨ペトロで支給すると発表した。

11月18日、地元メディアのVenepressが大統領の発言として報道したが、その金額は0.5ペトロで、ベネズエラ中央銀行によると、換算額は897,317.27ボリバル(約3,235円)に相当するという。

ベネズエラ政府は、昨年12月にも年金受給者に対するボーナスの支払いをペトロで行っている。 しかし、同年2月に発行され、11月にパブリックセールが行われた仮想通貨ペトロを実際に使用することは、大統領をはじめとする政府の喧伝とは相反し、困難を極めたようだ。

今年に入り、ベネズエラ国内のペトロを取り巻く事情は多少、改善されてきている。

7月、マドゥロ大統領は、同国の最大手銀行「Banco de Venezuela」に対し、全支店に仮想通貨ペトロの受付ができる窓口を設けるように命令。 そして9月、同行はペトロの仮想通貨ウォレットの提供を開始している。 また、ベネズエラ最大のデパートチェーンTrakiでペトロの取り扱いが開始されると、スーパーやホテルチェーン等の小売業者が相次いで導入、10月には100店舗近くまでペトロの取り扱いが普及したと政府は発表している。

ベネズエラにおけるペトロの現状

しかし、現状では政府が積極的に後押しするペトロ普及策は、空回りしている感も否めない。

通貨モニタープラットフォームCoinDanceのデータによると、11月の第2週には、ベネズエラにおけるビットコインの出来高が過去最高を記録している。つまり、ベネズエラ国民は、政府が推し進めるペトロよりもビットコインに価値を見出し、信頼しているということだろう。

ペトロに対するベネズエラのビジネス界からの評価も厳しいものとなっている。

ベネズエラ全国商業協議会(Consecomercio)は、先週始めに発表した声明で、ビットコインなどの仮想通貨と、国が支援するペトロに関する立場を明らかにした。

その中で、経済委員会メンバーのJosé Miguel Farías氏は、ベネズエラの企業の間では、仮想通貨が国の経済に重要な役割を果たすというコンセンサスがある一方、アメリカの経済制裁を回避し、ベネズエラ経済の刺激策として発行したペトロは、その急ぎすぎた導入が普及を困難なものにしていると述べている。

「ペトロは、その根拠に様々な問題と欠陥を抱えており、実のところ、経済においてどのように活用すれば良いのか知ることを困難にしている。 一方、市民並びに企業が資金を移動する際に被る制限を考慮すると、ベネズエラにおける仮想通貨使用の重要性と妥当性は否定できるものではない。」

同協議会はこのように述べ、政府による価値の算出法が不透明なペトロを批判し、明確な「会計単位」としてペトロを用いる必要性を訴えた。

CoinPostの関連記事

ベネズエラの独自仮想通貨「ペトロ」、同国デパートなど約100店舗で取り扱いへ
ベネズエラ政府当局者の主張によれば、同国最大のデパートチェーンであるTrakiを発端に、独自仮想通貨「ペトロ」の受け入れ店舗が100店舗に拡大した。
ベネズエラで仮想通貨デビットカードが誕生 自国「ペトロ」やBTCに対応
ベネズエラの仮想通貨企業は初めて同国で利用できる仮想通貨デビットカードと店舗決済システムを導入した。高インフレ経済の中、同国は仮想通貨に新たな経済政策を見出そうとしている。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
Discord、ユーザーの収益化機能提供を示唆
コミュケーションアプリのDiscordは公式ツイッターで、ユーザー向けに収益化(マネタイズ)機能を提供することを示唆する内容のコメントを投稿した。
12:43
米コインベースが「バグ報奨金制度」を再考せざるを得ない理由
米大手仮想通貨取引所コインベースは、システムの脆弱性を発見・報告する「バグバウンティプログラム(報奨金制度)」の方針を再考すると発表した。背景に法的リスクの問題点が浮上している。
12:31
「仮想通貨技術の将来性は評価」ブラックロックCEOがFTX騒動に言及
破綻した仮想通貨取引所FTXに出資していた米投資大手ブラックロックCEOが直近の情勢についてコメント。FTXの状況を静観すべきと呼びかけつつ、仮想通貨自体は「非常に重要」と評価した。
12:04
米株指数リスクオン、MONAやXYMは思惑先行の急騰
パウエル講演のFOMC利上げ減速示唆により米株指数が大幅上昇。暗号資産(仮想通貨)市場ではバイナンスの日本進出発表を受け、モナコイン(MONA)やシンボル(XYM)が思惑先行の急騰を見せた。
12:00
NEAR財団、南米の加工食品会社と提携
仮想通貨NEARプロトコルを支援するNEAR財団は、南米の大手加工食品会社Grupo Nutresaのポイントプログラムを支援する計画を発表した。その他にも様々な組織と提携を進めている。
11:35
OpenSea、22年のロイヤリティ総額が10億ドル越え
NFT電子市場大手OpenSeaは、同サービスを利用するNFTクリエイターが獲得している手数料(ロイヤリティ)の総額が、22年に10億ドルを突破したことを発表した。
10:05
アニモカ、2,000億円規模のメタバースファンドを計画
Web3大手企業アニモカブランズは、メタバース企業に投資する最大約2,750億円のファンドを計画している。同社は仮想通貨市場が低迷する中、活発に資金調達を行っているところだ。
09:45
「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分
関東財務局は、仮想通貨交換業を営むエクシア・デジタル・アセット(旧LastRoots)に対し、行政処分を行なった。交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備が行われていないとし、処分の内容や理由を説明している。
08:15
通信アプリ「テレグラム」、独自のDEXを開発へ
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧