サイバーセキュリティ企業Gladius、SEC命令を無視して解散発表|事業資金が枯渇

Gladius、米証券取引委員会の命令を無視して解散を発表

分散型サイバーセキュリティのスタートアップ企業Gladiusが、米証券取引委員会(U.S. Securities and Exchange Commission、以下SEC)の命令に従わずに解散し、投資家に払い戻しを行ったことを発表した。

11月22日、共同創業者のAlex Godwinは公式Telegramのグループで、以下のメッセージを発表した。

「残念なことではあるが、Gladius Network LLCが直ちに運用を停止し、解散を申請したことを発表する。最善の努力にもかかわらず、我々には企業活動を継続するための資金がない。」

今回の流れ

SECは今年2月、2017年末にICOで約14億円の資金調達を行った米Gladius社を「未登録ICO」として取り締まりした事を発表した。

SECは仮想通貨関連企業に対し、これまでも未登録ICOをめぐって取り締まりを行っていた。

AirfoxとParagonの2社は、投資家への補償と250,000ドルを支払うことで和解に合意していた。しかしながら、2社ともに返済期限を守ることは出来なかったことが明らかになっていた。

またGladiusに関しては、今年2月にSECが未登録ICOを行った容疑で取り締まりを行っており、これがSECの取り締まり事例としては初めて、「未登録ICO」という言葉が用いられた事例となった。

この件についてはGladius側からSEOに未登録証券を行った可能性があると自己申告がされたことで、罰金の請求が行われなかった点から注目が集まっていた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら