金融庁がLastRootsの仮想通貨交換業を認可、ホワイトリスト入りでc0ban(コバン)が高騰

LastRoots、仮想通貨交換業を認可登録

金融庁は27日、みなし交換業者LastRootsの仮想通貨交換業を認可登録した。

LastRootsの仮想通貨c0banが、ホワイトリスト入りした。

2017年9月26日に登録申請が受理され、26ヶ月を経て登録されたという。親会社の親会社の株式会社オウケイウェイヴがプレスリリースで報告したほか、動画広告を組み合わせたサービスを展開しているLastRootsの元CEO 小林慎和氏がnoteで明かした。

今回新たにホワイトリスト入りしたc0banは、発表を受け高騰、前日比70%高を記録した。

出典:coinutil.net

c0ban(コバン)とは

名称:c0ban(コバン)

通貨単位:両(RYO)

承認アルゴリズム:PoW(プルーフ・オブ・ワーク)

創設者:株式会社LastRoots

発行上限:8800万 RYO

LastRootsは2016年7月にICOにて6億円超の資金調達を実施し、動画広告と仮想通貨を組み合わせた広告サービスプラットフォーム「こばんちゃんねる」及び仮想通貨取引所(c0ban取引所)の開発・運営を行っている。「こばんちゃんねる」は、動画広告が完全視聴された場合、視聴者(見込み顧客)にc0banを付与する成果報酬型広告プラットフォームだ。

LastRootsは仮想通貨取引所の運営に特化し、c0banは、オウケイウェイヴ社が保有する「感謝経済」プラットフォームにおいて利活用されていくと言及、「今回のLastRootsとc0banの認可が日本の仮想通貨交換業の発展の一助になれば」と期待を込めた。

c0banの利活用先として紹介された「感謝経済」プラットフォームとは、株式会社オウケイウェイヴが感謝されている人が報われる社会を目指す新たな経済圏として2018年9月20日より本格的に稼働したプロジェクトで、活躍している感謝経済ユーザーに対しての優待の提供などを行う。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら