仮想通貨ビットコインのCM、仏テレビで放映開始

フランステレビにBTC

フランスの国民的テレビチャンネルTF1で、ビットコイン(BTC)のCMが放映を開始したことが、SNSなど現地ユーザーの報告で明らかになった。

当該CMは、フランスの仮想通貨ウォレット企業Keplerkに関連したもので、全国6500以上のタバコ販売店やコンビニでのビットコイン購入を開始したことを宣伝した。

今月報じたように、Keplerkはタバコ販売店などで50ユーロ、100ユーロ、250ユーロ分のBTCクーポンを販売。Keplerkのウォレットに送金する仕組みを通じてBTCの販売サービスを開始している。ビットコインを宝くじのように容易に購入できることを目標としているという。

フランスのタバコ販売店はフランスの国民にとって身近な場所で、ビットコインを簡単に入手できるようにすることで、普及に繋がるメリットがあると指摘されている。

フランスで拡大する仮想通貨決済

フランスでは仮想通貨決済も拡大しつつある。国内30社以上の小売業は2020年までに、25,000以上の店舗でBTCの支払い受付を開始する予定を発表している。

対象店舗にはスニーカー大手のFoot Lockerや人気化粧品店Sephoraなども含まれている。

仮想通貨を保有するフランス人は約400万人いると見られており、先日にはフランスの経済財務大臣ブルーノ・ル・メール氏は、仮想通貨間取引を課税しない方針を示すなど、仮想通貨取引で重要な税制面も明確化された。

CoinPostの注目記事

フランス警察、仮想通貨を捜査などの経費に割当て テゾスブロックチェーンの実活用も明かす
フランス警察は、仮想通貨テゾスのブロックチェーンを、捜査等にかかる司法出費の管理・記録に活用。捜査などの経費に仮想通貨を割り当てていることにも言及した。
フランス、高校学習指導要領に仮想通貨・ビットコインを追加 伝統金融把握の一環で
フランスの高等教育のカリキュラムにビットコイン・仮想通貨についての学習の追加が提案された。仮想通貨や金融システムの理解向上がその目的という。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら