CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨XRP利用の新たな音楽コンテンツ配信ツール「Xsongs」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

音楽コンテンツ販売にXRP利用

リップル社のプロダクト部門を指揮するCraig DeWitt氏が、音楽プラットフォーム「Xsongs」を開発したと報じられた。XRPL上で構築されたこのプラットフォームを利用することで、XRPを介してアーティスト・ミュージシャンへの直接の支払いが可能になる。

DeWitt氏によれば現在、音楽業界は様々な課題を抱えているとし、特にアーティストが正当な報酬を得られていないといった問題が散見される。

例えばNPDの調査によれば、2019年の米国内での音楽コンテンツの利用者の内、支払いを行った利用者が全体の37%に留まっているとの結果が出ている。また米国内のデジタル音楽コンテンツに対する年間の消費額は70億ドルから200億ドルに及ぶとされ、仮にすべてのコンテンツに正当な報酬が払われた場合、そこからアーティストが受ける恩恵は多大なものになることが予想される。

しかし現状では、著名アーティストにおいても売り上げた楽曲のわずか10%ほどしか報酬は受け取れず、一般的なアーティストが受け取る報酬はそれ以下となっている。DeWitt氏は、アーティストがマネタイズを行う環境は十分に整えられていないと指摘し、Rippleのソリューションを活用することで、こうした課題を解決したいとの思いを抱いていたという。

そこで生まれたXsongsは、無料で誰もが利用可能なプラットフォームであり、誰もがオリジナルのデジタルコンテンツを販売することが可能で、支払われた額のすべてがアーティスト本人(クリエーター)の手に渡るとのことだ。

今後のXsongsの展望としては音楽だけにとどまらず、ポッドキャストやデジタルアート、ビデオコンテンツ、著作物など可能な限りのデジタルコンテンツを売買できるよう機能追加を行う予定だと話した。

なお10月にアルファ版を公開し、今週末にもベーた版をローンチする予定だという。ベーた版では、音楽のアップロードおよび販売が可能になる。

CoinPostの注目記事

仮想通貨XRP利用のODL、狙うはノストロ口座10兆ドル リップルCEOが明かす戦略
Ripple社のブラッド・ガーリングハウスCEOが、ODLは従来のコレルス銀行システムに変わるものになると言及。現在ノストロ口座にある10兆ドルから9兆、8兆と減らし、ODLに置き換えることを目指していることがわかった。
リップル社CTO独占インタビュー「仮想通貨XRPの流動性、金融機関との関係について」|XMJ2019
XRP MEETUP JAPANにて、リップル社デイビッド・シュワルツCTOにCoinPost独占インタビューを実施。XRPの流動性、リップル社と金融機関と関係についてGiantGox氏と共に見解を伺った。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:00
メタバース関連法規を「未成年取引やなりすまし」をもとに解説
メタバースのような非対面プラットフォーム上の取引に関わる法規制、特に未成年取引やなりすましについて法律事務所ZeLoが寄稿で解説。
13:45
Ava Labs、グリーやgumiらと「Avalanche Arcad3」を発足
アバランチの開発を手がけるAva Labsは、日本のソーシャルゲーム大手グリーやgumiなどの初期パートナーと共に、Web3ゲーム構築支援プログラム「Avalanche Arcad3」を立ち上げたと発表した。
13:00
米国の超党派ステーブルコイン草案、最新版が公開
米下院金融サービス委員会は、公聴会に向けて、マクヘンリー議員らによる超党派ステーブルコイン草案の最新版を公開した。FRBの権限などが新たに盛り込まれている。
11:20
Vitalik Buterin氏、イーサリアムの進化に不可欠な「3つの移行」
イーサリアム共同創設者のVitalik Buterin氏が新たな提言を公開した。イーサリアムが実験的な段階から一般ユーザにとって使いやすい、成熟した技術基盤へと移行するためには、「3つの移行」が不可欠だと指摘している。
09:50
米司法省、マウントゴックス事件の容疑者を特定・起訴
米司法省は、2014年に経営破綻した仮想通貨取引所マウントゴックスのハッキングなどを行ったとしてロシア人2人を起訴した。ビットコインを盗み資金洗浄した罪などに問われている。
08:25
gumiの子会社「gC Games」、Suiのバリデータを運用開始
株式会社gumiの連結子会社である「gC Games Singapore Pte. Ltd.」はレイヤー1のブロックチェーンSuiのバリデータとして参加しノード運営を開始したことを発表した。
07:50
米ロビンフッド、ソラナ・ポリゴン・エイダを上場廃止へ
価格続落 米大手投資アプリのロビンフッドは9日、ソラナ(SOL)・ポリゴン(MATIC)・エイダ(ADA)の上場廃止予定を発表した。具体的には、米時間6月27日6:59 PM …
07:25
ETHのL2「Optimism」、ガス代を56%削減
仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」は、アップグレードBedrockを実行した後、ガス代を56%削減。Bedrockは、ガス代を下げることを1つの目標にしていた。
06/09 金曜日
13:40
バイナンスUSが米ドル入出金を一時停止へ
仮想通貨取引所Binance.USは、米ドル(USD)の預金と出金を23年6月13日以降、一時停止することを発表した。これに伴い、米ドル建ての取引市場の廃止と、仮想通貨のみを対象としたプラットフォームへ移行する方針を示している。
12:31
米Ark Invest、SECの提訴日にコインベース株30億円相当を購入
米大手ヘッジファンドARK Investが、米証券取引委員会が提訴を発表した6日に、30億円相当のコインベース株を追加購入していたことが、取引開示により明らかになった。
12:17
ビットコイン横ばい、主要取引所の現物取引高は前月比20%減
米SEC(証券取引委員会)によるバイナンスとコインベースの提訴を受け、現物出来高が細っている。ビットコイン(BTC)は横ばいで推移。イーサリアム(ETH)は大口投資家の数が減少している。
12:04
クラーケン、NFT市場を公式ローンチ 複数チェーンに対応
米大手仮想通貨取引所クラーケンは独自のNFT市場を正式に立ち上げた。イーサリアムとソラナに加えて、新たにポリゴンのブロックチェーンにも対応開始した。
11:35
イーサリアムの次期アップグレード「Dencun」、実装内容が決定
イーサリアムのブロックチェーン開発者は、次期アップグレード「Dencun」に向けて、改善提案(EIPs)のリストをまとめた。予定される最も大きな変更はEIP-4844で、L2のトランザクション手数料を大幅に低下させる目的を持つ。
10:20
ゲンスラー委員長の主張「SECはすでに規制ガイドラインを提供済み」
米SECのゲンスラー委員長は、バイナンスらに対する訴訟後、ビットコインなど仮想通貨に対する規制方針を改めて示した。SECは様々なガイドラインをすでに提供しているとも強調した。
09:35
ZK-EVM開発プロジェクトTaiko、30億円を調達
仮想通貨イーサリアムのスケーリングソリューション「ZK-EVM」を開発するTaikoは、2回のラウンドで合計約30億円の資金を調達。24年1Qにメインネットローンチを計画している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/06/15 ~ 2023/07/15
その他 未定
2023/06/16 09:30 ~ 20:00
東京 東京ミッドタウン八重洲
2023/06/18 10:00 ~ 19:00
Non Fungible Tokyo 2023 associated with Japan Blockchain Week
東京 東京国際フォーラム
2023/06/18 16:00 ~ 20:15
東京 アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京
重要指標
一覧
新着指標
一覧