CoinPostで今最も読まれています

【Vol.1】Binanceはいかにして世界一の取引所となったのか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Q. 世界一の取引所になった理由はなんだと思いますか?
A.安定性、取引手数料の低さ、取扱コインの質の高さなどのBinanceの強みに加え、仮想通貨需要の急増が重なったことが世界一になった要因だと思います。
Q. 世界一の取引所となり起きた問題はありますか?
A.登録者数が急激に増加したため、カスタマーサポートが追いついていません。また、詐欺や偽サイトなどの被害にもあっています。
Q. 世界一の取引所となった今、今後の目標はなんでしょうか?
A.まずは取引所の改善に努めることです。取引所が完全な取引所になれば、LabsやLaunchPadなどを使ったICOは容易になるでしょう。

Binanceは、2017年7月に設立されて以来急成長を遂げ、わずか5ヶ月ほどで24時間取引量世界一を記録した仮想通貨取引所です。

今回は、世界一の取引所としてのBinance(Vol.1)、Binanceのサービスと今後(Vol.2)に関してのインタビューをさせていだきました。

今回インタビューを許可をして頂いたBinance社及び、長時間のインタビューにご協力頂いたCZ氏に御礼申し上げます。

第1編では、Binanceがいかにして世界一の取引所となったのか、そしてBinanceの今後についてのインタビューをお届けします。

※補足

Binanceは日本の金融庁で登録されていない海外取引所であるため、様々な方面で議論の対象となる場合があります。

CoinPostでも、日本の金融庁で登録されない限り、Binanceの紹介制度は利用しない事を決定致しました。

しかしCoinPostでは、仮想通貨取引量世界一を記録したBinanceの情報は、今後の仮想通貨界隈を左右することもあり得る重要情報であると考えています。

よって、インタビューで得た情報、またはBinanceに関するニュース情報等は今後も継続して投資家の皆様に発信し続けていく予定です。

世界一の取引所になったことに関する質問

Q. 前回のインタビューで、2018年の目標をお聞きしたとき、CZさんは『世界一の取引所になる』とおっしゃいましたが、その一か月後に達成されましたね。

実は我々にとっても驚くべきことでした。

私は2017年12月17日、友人からその知らせを聞き驚きました。

状況や詳しい理由は把握してませんが、当時Binanceの上位にいた三企業の取引量が突然下落し、結果としてBinanceが一位になったのです。

個人的には3~4ヶ月は掛かると思っていたので、今でも驚いています。

Q. Binanceは新規登録を停止していましたが、近日制限付きで再開されましたね。

毎日(ランダムな)一時間という枠内で新規のユーザー登録を再開しています。

昨日は一時間の内に24万人の登録がありました。

トレードを求めている投資家らは日に日に増えているため、取引所の登録を完全に停止することはあまりいいことではないと思いました。

Q. 世界一の取引所になった理由はなんだと思いますか?

多くの要素が関係していると思います。

まず他社に比べてBinanceは安定して機能していますし、取引手数料の低さ、紹介制度などの強みもあります。

マスコミなどを通し徐々にBinanceの知名度は上がりました。

ラッキーなことにPoloniexやBittrex社などが登録者の制限に達したため新規登録を停止したことで、一気にユーザーがBinanceに流れ込み我々のユーザーが一気に増えました。

しかし最大の要素はやはり仮想通貨需要の急増だと思います。

他者のマーケットシェアを得ているというよりは、新しいユーザーが仮想通貨界に流れ込んでいるのが現状です。

そして新しいユーザーが取引所を選択する際に『世界一の取引所』を選ぶことは無難でしょう。

さらに上場するコインの質も卓越していると思います。

他社に比べて数では劣りますが、Binanceの上場コインのセレクションプロセスは我々の強みの一つです。

ある分析によると、取引所に上場した75%のコインは、上場後3倍にも成長しています。

2018年1月にはVibeを上場させ、30倍の値上がりをしました。

このようにたくさんの要素が重なり世界一の取引所になったと考えます。

Q. 新しいマーケティングキャンペーンは企画中ですか?そしてなぜ今になってインスタグラムを活用し始めたのでしょうか?

インスタグラムに限らずFacebookなどのSNSのアカウントは昔から存在しますが、一つのSNSに集中することを心掛けています。

一つのチャネルが人気になり、フォロワー数の勢いがつけば次のチャネルをプッシュします。

現在Binanceのツイッターのフォロワー数は40万人ほどいるので、そのチャネルを利用しインスタグラムアカウントのユーザー数を増やすことだってできるのです。

実はマーケティングに限らず社内では多くのプロジェクトを進めようとしていますが、現状でユーザー数の急成長に対処しきれていないので、まずはその問題を解決することに専念しています。

恐らく取引所が正常になるのは今後数週間後(2~4週)の予定です。

Q. 世界一の取引所となり起きた問題はありますか?

登録者数の急成長に対して、弊社のカスタマーサポートチームが追いついていません。

たくさんのクレームが取り寄せられ、少し評判に影響を与えています。

詐欺の事例も増えました。

我々のホームページに似せた偽サイトが流出したり、Binanceに似たドメインが買われています。

さらにイーサデルタがハックされ、アメリカ国土安全保障省と協力しハッカーをつきとめています。

各国の警察署と協力していますが、そのための部署が今までになかったので対応に追われています。

それだけでなく、Binanceの社員に賄賂を使って情報を得ようとする方もいます。

Q. 世界一の取引所となった今、今後の目標はなんでしょうか?

仮想通貨界隈でICOなどを利用し資金調達をする事例は今後も増えるでしょう。

BinanceではLab、LaunchPadなどを活用したサイドプロジェクトが多く存在しますが、それらのプロジェクトは全て棚上げし、コアである取引所の改善に全社員一丸となって取り組んでいます。

実際全社員に、『やっていることを一旦止めて、取引所を15倍にしよう』と声掛けしました。

取引所が完全な取引所になれば、LabsやLaunchPadなどを使ったICOは容易です。

Binanceの日本金融庁登録などについて言及した第2篇はこちら↓

【Vol.2】Binance:金融庁の正式な登録を弁護士と相談、実現したら円建ての取引が可能に
Binance(バイナンス)は、2017年7月に設立されて以来急成長を遂げ、わずか5ヶ月ほどで24時間取引量世界一を記録した取引所です。Vol.2では、Binanceの手がけるICO事業、日本を含めたアジア圏での今後の展望など注目してインタビューをお届けします。日本市場へ参入も今後視野に入れております。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧