機関投資家によるビットコイン市場の成長は堅調 データ分析企業が考察を披露

機関投資家参入に向け堅調な足どりか

仮想通貨デリバティブ市場を対象としたリアルタイム分析データを提供するskew社は、機関投資家向けの仮想通貨デリバティブ取引所の進捗状況について肯定的な見方を示した。

先日米ブルームバーグは、仮想通貨市場への機関投資家の参入が滞っているとの論調の記事を公開。その原因は仮想通貨のボラティリティの高さにあるとし、CMEやBakktによるビットコイン先物取引が開始された以降も、仮想通貨市場に大きな変化はもたらされなかったと指摘した。

それに対してskewは、機関投資家の参入に関し今年は大きな進展があったとツイッター上で反論を行っている。

その一つ目の根拠には、機関投資家向けFX取引所LMAXが運営を行う「LMAX Digital」が市場シェアを拡大し、取引高がコインベースとほぼ同等にまで成長している点を挙げた。

二つ目は、6月から二期連続でCMEの取引高が15億ドルを記録し、OIもBitMEXの35%に達した点だ。

CMEのレバレッジが最大2.5倍までであることを考慮した場合、個人投資家向けのデリバティブ取引所を上回る担保金ではないかとの推論を展開した。

さらにBakktの取引高は低水準からスタートしたものの、コンスタントに上昇していることにも注目している。

skewの考察によれば、Bakktが提供する先物取引が思いのほかスムーズに市場参加者の増加につながらない理由として、BTC現物決済がハードルになっている可能性がある。一方、9日よりCMEのように、現金決済の先物をローンチする。

なお、CMEとBakktはともにBTCオプション取引の提供開始を予定していることから、市場への機関投資家新規参入を促す勝算は十分にあると予想している。

CoinPostの注目記事

Bakktのビットコイン先物取引、出来高2倍と好調 BTC現渡しの現状は?
ビットコイン先物出来高が前週比2倍と最高記録を更新するBakkt。BTC現渡しの現状について経済アナリストが分析。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します