東欧の大型ダークネット、仮想通貨ICOを計画 違法の上に出口詐欺か

ダークウェブがICOか

ロシアや近隣諸国で展開している最大のダークネットとされるHydraは世界へと拡大していくための資金を得るため、ICO販売を通じて約1.5億ドル(約160億円)を調達すると声明を出している。ロシアメディアforklogが報じた。

12月16日に予定されているトークン販売では、一つ100ドルのトークンをビットコインで購入することができるという。トークンの「パッケージ」は、買い手にHydraが上げた利益の0.003%の配当を付与し、毎月500ドルを約束すると同サイトの覚書は述べている。この数字は月間1500万ドル(約16億円)の利益予測に基づいているという。

1,470,000トークンが発行予定であるが、「Forklog」は、ダークウェブが違法である上にプロジェクト自体が出口詐欺の可能性が高いと指摘。

Hydraは買い手、売り手、配送業者が直接顔を合わずに行える密輸取引を行なっている。宅配業者は購入した商品を公共空間のどこか指定された隠し場所に分散して置いておき、後でクライアントが収集する形だ。

ICOによる資金で、暗号化されたメッセージングサービス、プライバシー重視のブラウザ、自動化されたAIベースの紛争解決、店頭市場および仮想通貨取引を組み合わせた新しいサービス「Eternos」を開発する予定と主張。

ロシアの調査サイト「Proekt」によると2019年6月の時点で、Hydraに250万の登録アカウントが存在し、そのうち約40万アカウントは少なくとも1回何かをHydra市場で購入していた。

Hydra市場では麻薬、ハッキングサービス、偽造文書、盗まれたデータ、現金が扱われ、日間10万を超える取引を処理していると主張している。

当局による取締り

これまでに、多くの大規模ダークネットが当局の取締りを受けてきた。2011年にローンチされた「シルクロード」は、2013年に当局によって閉鎖され、創業者のロス・ウルブリヒト(別名「ドレッド・パイレーツ・ロバーツ」)は、2015年に逮捕され、終身刑を宣告された。

2017年、米国当局は、フェンタニル、ヘロイン、武器、マルウェア、および一連の盗まれたビットコインを販売したとされる大規模なダークウェブ「アルファベイ」を閉鎖。

参考:forklog報道

CoinPostの注目記事

ダークネットへのビットコイン流入量が1年で約2倍に|仮想通貨分析企業が調査報告書を公開
仮想通貨市場が全面的に下落した2018年でも、ダークネット市場へのビットコインの送金量は2017年に比べ2018年は約2倍の取引量を記録していたことがChainalysis社の調査で判明した。
『ダークウェブ』利用者の数百万ドル相当の仮想通貨が没収、70ヶ月の懲役刑を宣告
米加州に住む男が、ダークウェブを通じ麻薬を売りさばいた疑いで懲役刑を宣告された。麻薬取引に使用したとされる数百万ドル相当の仮想通貨についても没収に同意した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら