仮想通貨ビットコイン、最高値更新から2年 2017年12月の2万ドルから

ビットコイン(BTC)最高値更新から2年

ビットコインが過去最高値を更新してから本日16日でちょうど2年が経過した。

仮想通貨の過去最高値からの推移を記録するデータサイト「athcoinindex」が掲載するデータでは、2年前の12月16日にビットコイン(BTC)は過去最高値の19,665ドルを記録した。

2017年当時、ビットコインの現物市場は日本がプレミア価格を伴う加熱相場を記録していたことから、世界と日本の最高値更新日時にはズレが生じている。bitFlyerのデータで確認すると、過去最高値更新は12月8日の238.2万円、前日7日の安値155.9万円円から52%高と大暴騰を記録していた。

現価格と比較すると64%安に相当するが、アルトコインとの比較を行うと、高い価格水準で今も取引されている。

2018年移行の長期的な仮想通貨市場下落の中で、大きく変化した仮想通貨業界。

市場全体の時価総額は、過去最高値2018年1月6日の8310億ドルから現在の1930億ドルと73%安に。

2018年1月8日に32.8%を記録したビットコインドミナンスは、2019年9月に一時70%を記録した。現在も66.45%とBTCに比重が高い市場環境で推移している。

市場の関心も市場推移に影響して低下。世界の「Bitcoin」検索数は、最も検索数の多かった2017年末と比較して91%減となっている。

一方で、世界の仮想通貨業界では新たなビジネスモデルを模索する流れも加速した。

取引所にフォーカスするだけでも、リスティングやIEOの流れから、先物やオプション取引を導入する動きで現物市場への環境整備も進んでいる。

このような状況の変化を受け、世界的な価格格差を狙ったアービトラージ取引から、高い金利を目的とした取引への移行も見られる。

日本の市場も、コインチェックがレバレッジ取引を廃止するなど、来年の金商法改正を控える中、新たな決断を下した。国内ではステーキング関連にも注目が集まり、新規銘柄も上場するなど、新たな取引の提供へ模索する企業の動きが見られている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します