フィスコ仮想通貨取引所、Zaifトークンなど8種類の入出金再開を延期

Zaif、カウンターパーティートークンの入出金再開を延期

フィスコ(Zaif)仮想通貨取引所は16日、予定していたカウンターパーティートークンの入出金再開に関して、システム確認の都合上、(遅延)延期することを発表した。

カウンターパーティートークンとは、ビットコインのブロックチェーンを利用した独自トークン発行プラットフォームであるCounterPartyを通じて発行された独自トークンのこと。 Zaifでは、下記8種類のカウンターパーティトークンを取り扱っている。

  • ZAIF(ZAIFトークン)
  • XCP(カウンターパーティ)
  • BCY(ビットクリスタル)
  • SJCX(STORJCOIN X)
  • FSCC(フィスココイン)
  • PEPECASH(pepecash)
  • CICC(カイカコイン)
  • NCXC(ネクスコイン)

フィスコ仮想通貨取引所は今年8月、運営するZaif exchangeとフィスコ仮想通貨取引所の統合を発表した。

仮想通貨取引所Zaifを運営していたテックビューロ社は、Zaif exchangeが2018年9月に仮想通貨不正流出被害にあった後、フィスコからの支援(資本提携)により、実質的なフィスコ傘下となっていた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します