捜査機関がJVCEAに注意喚起、仮想通貨取引所への不正ログインツールが判明

JVCEAが注意喚起

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は19日、同協会員に対し、パスワード変更等を促す注意喚起を行なったことを発表した。

18日には仮想通貨取引所のGMOコインが一部ユーザーに対し、パスワード変更を促すメールを送付していたことも明らかとなっている。

メール内容によれば、国内の捜査機関からJVCEAに対して連絡があり、国内事件で押収されたサーバーから出所不明のEメールアドレス数千万件とパスワードの組み合わせデータと、仮想通貨交換業者等へログインを試みる攻撃ツールが発見されたという。

出典:GMOコイン Eメール

GMOコイン以外のJVCEA会員も、今回の事案へ各々対応を進めていることが予想される。仮にこの注意喚起を受けた場合は、パスワードを変更するなど速やかな対処が求められるため傾注したい。

なお、Eメールアドレス不正流出は、GMOコイン含むその他JVCEA会員による関与は一切確認されていない。

参考:JVCEA

CoinPostの関連記事

米Securitizeなど大手3社が共同WP公表、デジタル証券市場の飛躍的な拡大を見込む
米Securitize、会計事務所デロイトトーマツ、日本セキュリティトークン協会の3社が共同で、デジタル証券に関するホワイトペーパーを公表した。今後10年間で飛躍的な拡大を見込んでいる。
【速報】仮想通貨詐欺集団が再びETHを送金 市場は売り圧力を警戒か
仮想通貨詐欺事例「PlusToken」のウォレットから、再び大口のイーサリアム送金が確認された。送金されたイーサリアムの総量は789,525ETHで、金額にして約1億ドル。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します